ニュース
» 2022年02月26日 07時30分 公開

「これが人を狂わせる“好き”という感情……」 推しに荒ぶるオタク友達を目の前にして、“愛”とは何か知った話(1/2 ページ)

オタクは推しに狂っている時が一番幸せ説ある。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 推しへの「好き」があふれまくったオタクの友人を描いた漫画がTwitterに投稿され、同志から「わかる」の声が寄せられています。

好きが溢れて狂った友達の話切り抜き 身に覚えがあるオタクも多そう

 投稿主はイラストレーターで漫画家の中島悠里(@jimapahinasu)さん。神戸在住の中島さんは、関東からきた友人のIさんと一緒に京都観光を楽しんでいたときのこと。この日の晩、中島さんはIさんから突然「今日はあるアニメで、自分の推しが大活躍する回が放送される」のだと打ち明けられます。

好きが溢れて狂った友達の話1 某ラップバトルをするアニメのシブヤ回だったもよう

 Iさんが常日頃ツイッターで推しの魅力に荒ぶり、狂ったようにツイートをしているのを見ていた中島さん。“シブヤのチームに所属し、ラップで戦うやんちゃなギャンブラー”であるIさんの推しの存在は知っていたため、点と点が繋がります。

好きが溢れて狂った友達の話2 大事な事なので2回言ってしまったIさん
好きが溢れて狂った友達の話4 いざ行かん、推し回へ……!!

 しかも、今日2人がいるのは自宅ではなくホテル。部屋に備え付けられているテレビは50インチ近い大きなものです。それが意味するのは、でっかい画面で推しが動き回るところが見られるということ。最高か……!?

 しかし、今2人がいるのは関東ではなく関西。地域やテレビ局によってはアニメの放送日時がずれるのはよくあることです。まさかのリアタイができない可能性に震えつつ調べると、無事に見られることが判明。Iさんは満を持して放送を待つこととなったのです。

 その日の夜、ホテルに戻った2人は全ての支度を完了させてテレビの前にスタンバイ。果たしてIさんは正気を保てるのでしょうか……!?

好きが溢れて狂った友達の話5 わかる

 放送開始直後から「惜しみなく 動いてしゃべる 推しタイム」という五・七・五が浮かんでしまうほど、Iさんの推しは大活躍。感極まったIさんは小刻みに震えつつ、抑えきれない嗚咽を漏らしながらメッセージアプリで仲間と萌えを共有しながらアニメを鑑賞します。

好きが溢れて狂った友達の話6 脳内大波乱
好きが溢れて狂った友達の話7 AI「コレガ……人ヲ狂ワセル感情……」

 放送後、中島さんから「推しかっこよかったですね」と声をかけられたIさんの感情は大爆発。心のままに中島さんに「(推しが)好き! ほんと好き!!」「かっこよすぎて脳が溶けそう!」と思いの丈をぶちまけます。そしてひとしきり推しへの思いを発散したIさんは完全に燃え尽き、ベッドに沈み込んでいったのでした……。

 そんなIさんの様子を見ていた中島さんは、「これが人を狂わせる“好き”という感情……」と新鮮な学びを得ます。好きがあふれて狂った友人を見た結果、生まれたてのAIのような気持ちになってしまう中島さんなのでした。

 こちらの漫画には、「わかりみが深すぎる」「これほどの推しがあるというのは幸せだ。羨ましいぞ」、「このレベルの好きを生まれたてのAIに叩き込むのは酷」といった声が寄せられています。

 中島さんは、cakesで『29歳、ひとりスペイン巡礼800キロの旅』を連載中。Twitter(@jimapahinasu)には、日常や国内外旅行をした際のことを描いた漫画などを投稿しています。

三日月 影狼

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  7. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  8. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  9. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響