ニュース
» 2022年02月28日 19時00分 公開

『otonaMUSE』4月号ふろく「小田切ヒロ監修 血色コスメ&ツール4点セット」を使ってみた スタメン入り間違いなしのアイブロウブラシに注目です(1/2 ページ)

目元のおしゃれはこれで完璧。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 雑誌『otonaMUSE(オトナミューズ)』4月号のふろくは、「小田切ヒロ監修 ミューズ世代の目元を救う! 血色コスメ&ツール完璧4点セット」。おしゃれな赤みニュアンスのワントーンメイクが簡単に出来るコスメと、ふろく超えクオリティーのアイブロウブラシの使い心地を実際に使用してレビューします。

otonaMUSE4月号のふろく 「小田切ヒロ監修 ミューズ世代の目元を救う! 血色コスメ&ツール完璧4点セット」

 宝島社の女性向けファッション誌『otonaMUSE』4月号が2月26日に発売されました。巻頭特集は、「大人のための、春トレンド講座」。本格的な春の訪れの前に知っておきたい旬のコーディネート術や、着こなしの鍵となる流行アイテムが多数掲載されています。

otonaMUSE4月号の表紙 表紙は俳優の宮沢りえさん

 今号のふろくは、メイクアップアーティストの小田切ヒロさんが監修したコスメ3点とアイブロウブラシの4点セット。美容にまつわる豊富な知識とユーモアたっぷりな明るいキャラクターが支持されている小田切さんと『otonaMUSE』がコラボした、このふろくだけの特別なロゴ入りアイテムです。

万能4色シャドウパレット

otonaMUSE4月号ふろくのアイパレット 塗り重ねたりぼかしたりしやすいシアーな発色でした

 アイシャドーだけでなくアイブロウとしても使える、スモーキートーンのレッド系グラデーションパレット。4色のうち上2色は繊細に輝くパール入りで、下2色はマットな質感です。

 筆者が特に気に入ったのは、左上の濃いモーブ系カラー。まつ毛の映え際にチップで細く入れてぼかすと、目元が一気にこなれた雰囲気になるすてきな色でした。発色はいずれも控えめで、指でラフにぼかせばナチュラルに、チップでしっかりと重ねればモードな印象の目元に仕上がります。

otonaMUSE4月号ふろくのアイパレット 上2色は細かなラメ入り、下はマットな質感。見た目よりもやわらかい発色です

 パレット本体の質感は軽いプラスチックでややチープな印象ですが、雑誌のふろくだと思えば十分な作り。フタ裏には大きな鏡があり、チップも1本ついているため、化粧直し用に持ち歩きがしやすいのも高ポイントです。

アイブロウブラシ

otonaMUSE4月号ふろくのアイブロウブラシ 安定して持てる絶妙な太さのアイブロウブラシ

 小田切さんがYoutubeで「これ1本が付録でもいいくらい」とコメントしたアイブロウブラシは、実は4年前に別の雑誌のふろくとして発売されたものと全く同じ商品。発売当時から小田切さんはこのブラシを愛用しているということです。

 しっかりと手に持てる絶妙な太さの軸に、コシのある毛がびっしり生えた斜めカットの毛先が特徴。軸の長さもちょうどよく、市販品として売られていてもおかしくないクオリティーです。

 使ってみるとしっくりと手になじみ、余計な力が入らずに思い通りの眉が書けることに驚きました。特に、眉尻の仕上がりは「おぉ……」と声が出てしまうほど。これからずっと愛用したいと思えるアイテムでした。

血色&ラメ入りアイライナー

otonaMUSE4月号ふろくのアイライナー やわらかくスルスル書けるアイライナー

 細い芯の繰り出し式アイライナーです。カラーは、深みのあるメタリックレッド。日頃カラーアイライナーを使用しない人にとっても取り入れやすそうな、肌なじみのよい色です。

 こちらもペン軸が長いため取り回しやすく、狙った場所にきれいなラインを引くことができました。また、芯が柔らかいため重ねて引いても目元が痛くなることがなく、濃淡のつけやすさも魅力的でした。

カシスレッドのマスカラ

otonaMUSE4月号ふろくのマスカラ まつ毛にも眉毛にも使えるマスカラ

 マスカラは、手のひらに収まるミニサイズ。ブラシはやや太く、短めです。カラーはアイライナーの色と近い、ダークトーンのカシスレッド。まつ毛に使うだけでなく、眉マスカラとしても使用できます。

 発色はとてもきれいなのですが、カールキープ力や長く見せる効果はないため、まつ毛が短い&下向きに生えている筆者にとっては残念ながら物足りないアイテムでした。マスカラ下地を合わせて使うか、眉マスカラとしてたくさん使用しようと思います。

小田切さんが使い方を詳しくレクチャー

 小田切さんは、otonaMUSE4月号の誌面で付録を使用したルックを2パターン披露しているだけでなく、自身のYoutubeチャンネルでも今号のふろくを紹介しています。1点ずつに込められたこだわりを知ると、ふろくを使ってのメイクがもっと楽しくなりそうです。

otonaMUSE4月号 4アイテムを実際に使用してみました

 赤みニュアンスがおしゃれなコスメとツール4点セットは、小田切さんのファンはもちろん、眉メイクに苦手意識のある方や大人っぽい春メイクに挑戦してみたい人にぜひ手に取ってほしい、お勧めのふろくでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響