ニュース
» 2022年03月01日 11時30分 公開

「とても素敵」「たたずまいが美しい」 衛星写真から世界12カ所の海の色を再現した「海のクレヨン」が話題に(1/2 ページ)

海の色って、青色だけじゃないんだ。

[斉藤ナミ,ねとらぼ]

 宇宙から撮影した衛星写真にうつる、世界12カ所の海の色を集めた「海のクレヨン」(2420円)が、Twitterで「とても素敵」「欲しい」と話題になっています。

海のクレヨン 「海のクレヨン」12色(2420円)

 このクレヨンはスカパーJSATの「Satellite Crayon Project」の第1弾として発売されたもの。地球の色の豊かさをもっと多くの子どもたちに伝えたい、地球をもっと好きになってもらいたい、という願いが込められています。なお、クレヨンの売り上げの一部は、海面上昇の危機に直面しているキリバス共和国に寄付され、気候変動による被害対策をする自然災害基金として活用されます。

 海のクレヨンは12色で、それぞれ実際の衛星写真に写る海の色を抽出した色をクレヨン職人と共に再現しました。青や緑を中心に、グリーンランドのイルリサットアイスフィヨルドの白、ウクライナの腐海の朱色などがそろっています。カラーにはあえて名前は付けられておらず、その色の海の場所を示す緯度と経度が記されています。

色一覧 青色以外にもこんな色が!

 表ぶたに開いた穴から宝石の原石のような12色のカラーがのぞく白いパッケージには、おもしろい仕掛けも。ふたを開けてみると、クレヨンの元になった12枚の海の写真が印刷されているのです。

パッケージ おしゃれなパッケージデザイン
パッケージを開けたところ 12枚の衛星写真が印刷されています

 写真の裏に記載されているQRコードを読み込むとWebサイトに繋がり、それぞれの海の色がなぜこんな色なのか、その理由を知ることができます。地球が温暖化によって直面している課題など、環境問題にも触れられており、私たちの地球をもっと深く知られるいい機会にもなりそうです。

 また、音声で解説を聞くことも可能です。音声ガイダンスを担当しているのは、「Satellite Crayon Project」に賛同した俳優の濱田岳さん。少し難しく見える解説文も、濱田さんの温かい語り口にかかれば大人もより理解を深めることができそうです。

使用イメージ写真 おうち時間にも最適
商品イメージ写真 天然由来の素材でできています

 また、クレヨンは子どもが万が一口に入れても大丈夫なように、全て天然由来の素材で作られています。素材からも、環境や地球のことを考えられそうです。

 Twitterでは、「コンセプトも色も素材も色々ステキ」といった声のほか、ギフトにする人も少なくないようで「知り合いのお子さんに配ったらすこぶる評判がよかった」という声も見られました。

 「海のクレヨン」は、現在はAmazonで購入可能。今後は、オンラインサイト、店舗での販売も予定されています。最新情報は「海のクレヨン」Twitterアカウント(@satellitecrayon)や公式サイトで確認できます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響