ニュース
» 2022年03月04日 19時00分 公開

「珍しい名字の人と接するときに気をつけたいこと」を描いた漫画に思わずなるほど 言われてうれしかった「ある一言」とは?(1/2 ページ)

覚えられやすいメリットもあるにはあるけど……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 珍しい名字の人と接する場合の心掛けを描いたコミックエッセイ「名刺交換のときに気をつけたいこと」がTwitterに投稿されています。

 珍しい名字のせいでコンプレックスを抱えていたけれど、あるきっかけでポジティブに思えるようになったという作者のえりたさん(@erita_enikki)。学校や職場など、誰しも一度は経験するであろう「珍しい名字の人と接するときに気を付けたいこと」について、えりたさんに聞きました。

アイキャッチ 「人と違うこと」は、良くも悪くも目立ってしまうもので……

 

言われてうれしかった「これはすてきな名字ですね」

 えりたさんの旧姓はかなり珍しく、同姓を名乗る人は全国でも50人程度。ゆえに、営業職を務めていたころは初対面で名刺を渡すたび、「変わった名字だね。出身は? 由来は?」などと驚かれるのが常でした。

1P

 小学生時代に近所の子に「変な名前」とからかわれて以来、「変わっている」ことはえりたさんのコンプレックスに。そんなある日、営業先で言われた言葉がえりたさんの救いとなりました。

2P

 「おーっ! これはすてきな名字ですね」――。「変わってる」と言われ続けた自分にとって、そのふとした言葉がすごくうれしかったと、えりたさんは振り返ります。

3P
4P

 凝った名前の子どもも多い昨今、珍しい姓名の人との出会いは誰にでも起こり得えること。えりたさんは自身のうれしかった経験を踏まえ、名刺交換の際は「変わった名前ですね」ではなく、「『すてきなお名前ですね』と言葉をかけたい」として、漫画を締めくくりました。

 「自分も珍しい名字なのでストレスになるのは分かる」「ちょっとした伝え方で相手の気持ちが変わる好例」「相手の立場になって言葉を選ぼうとあらためて思いました」と、読者から共感や感心の声が寄せられたこの漫画。編集部はえりたさんを取材し、同作にかかる思いなどを聞きました。

 

小学生のころ「変な名前」とからかわれて

―― 名字をコンプレックスに感じるようになったのはいつごろからですか?

えりた:小学生のころ、近所の子に「変な名前」とからかわれてからのことです。

―― かなり珍しい名字とのことでしたが、身内や地元以外で同姓の人に出会ったことはありますか?

えりた:まだないです。

―― 名刺交換以外に、名字で苦労することはありましたか。

えりた:電話で名乗るときに字が伝わりにくかったり、既製品の印鑑に自分の名字がなくて、手軽に買えなかったり……。病院で名前を呼ばれると周囲にびっくりされたり、同姓同名の人がまずいないのでネットで身バレしやすかったり……なんてこともありました。

―― 珍しい名字で得することと損することと、どちらが多かったですか。

えりた:営業職として、お客様に覚えてもらいやすいメリットはありましたが、私はあまり目立ちたくない性格なので、損だなと感じるほうが多かったです(苦笑)。

―― 漫画でも描かれていましたがあらためて、珍しい名字や名前の人と接する際の心掛けを教えてください。

えりた:びっくりしないこと、奇異な目で見ないことだと思います。ぎょっとする空気感は相手に伝わりますので、あくまでフラットに接して、会話のなかでさりげなく「そういえば、すてきな名前ですよね」と言えるといいのかなと思います。

作品提供/協力:えりた(@erita_enikki)さん

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news150.jpg 岡副麻希、愛車“ドラえもん号”をチラ見せ 夫の指導で「や〜っと! まっすぐ停められるように…笑」
  2. /nl/articles/2205/24/news195.jpg 華原朋美、プロメイクでの“劇的若返りショット”が驚き呼ぶ 「あの頃のともちゃん」「憧れていた華原朋美さんが蘇った!」
  3. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  4. /nl/articles/2205/24/news208.jpg 漫画家・冨樫義博さんがTwitter開設か 『ワンパンマン』村田雄介さんからの“本人確認”報告も
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/24/news141.jpg BIGBOSSに続くブーム到来? 日ハム、魅惑のチアパフォ「きつねダンス」に中毒者が続出する
  9. /nl/articles/2205/25/news092.jpg 佐田真由美、27年前の写真にセルフツッコミ「整形ばりに顔が違う」 ティーン時代のフレッシュな歌唱姿を公開
  10. /nl/articles/2205/24/news185.jpg 写真から人やモノを“一瞬”で消せるツールが「超便利」と話題に→実際にやってみたら本当に“一瞬”だった

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響