ニュース
» 2022年03月06日 12時55分 公開

九尾の狐伝説の「殺生石」が真っ二つに割れる 「不吉の前兆か」「むしろ力が弱まった」(1/2 ページ)

自然に割れた?

[ねとらぼ]

 「九尾の狐伝説」にまつわる史跡「殺生石」(栃木県那須町)が5日までに真っ二つに割れたことが分かりました。当地を訪れた観光客がTwitterで報告しています。

殺生石 真っ二つになった殺生石(画像提供:Pくんさん)

 

 「殺生石」は那須湯本温泉近くの那須岳の斜面にある巨大な石で、国の名勝に登録されており、俳人の松尾芭蕉もこの地を訪れ「石の香や 夏草赤く 露あつし」と詠んでいます。

 ここ数日で割れたとみられる殺生石は、以前からヒビが入っていることが確認されていました。岩の周囲に張っていたしめ縄も切れています。

 5日14時ころに友人と現地を訪れていたPくん(@p21002380)さんによると、「殺生石は遠くから見てもしめ縄が巻いてあるので一目で分かるのですが、当日はしめ縄が見えなくておかしいなと思った」そうです。2週間前にも訪ねていたため、すぐに割れていることに気づいたとのことですが、「他の観光客は他県の人なのか割れてる事に疑問を抱いてなかった」ようです。

 また、同日訪れていたLillian(@Lily0727K)さんも、「現地であるはずのしめ縄が巻かれた岩が見つからずしばらく探した」「割れた断面のように見える岩があって、すぐそばに縄が落ちていることから、もしかしてあれが殺生石で割れたのではないかと思いました」と発見時のことをねとらぼ編集部の取材に答えてくれました。その場でネットを検索したものの、殺生石が割れたとのツイートなどは見つからなかったそうです。

殺生石 しめ縄も切れていた(画像提供:Lillianさん)

 

 九尾の狐を退治し封印した伝承からネットでは「封印が解かれた?」「不吉」と不安視する声もありましたが、退治したのち高僧が砕いて分割したなれの果てとの伝承から「割れたことによってさらに(力が)弱まった」「一つの物語の終焉」と意味づけるコメントも多く見られました。また、現在放送されている大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも登場している上総介や三浦介が九尾の狐退治に関わったことを知ったと改めて伝承に興味を持ったり、ほかにも各地に飛び散った殺生石があることを知ったという声も。

 九尾の狐伝説では、天竺(インド)そして唐(中国)から飛来した九尾の狐が美女に化け、鳥羽上皇を殺そうとします。しかし、陰陽師に見破られ、那須まで逃げたところを退治され、巨大な石への化身します。その石からの毒気でここを通る人や獣が命を落としたため、「殺生石」と呼ばれるようになりました。時が過ぎ、そのことを知った源翁和尚が一喝すると石は三つに割れて飛び散り、一つが那須の地に残ったと言われています。日本各地には殺生石の伝説が残っており、能の演目にもなっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響