ニュース
» 2022年03月09日 20時00分 公開

昔「ゲームは数千円で100時間遊べてコスパが良い」 → 大人になって時間の方が大事に 意識の変化をつづった漫画に反響(1/2 ページ)

「安い出費で長く遊べる」と「短時間で濃い体験ができる」、あなたならどちらが大事?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 昔は「ゲームは価格のわりに長時間遊べてコストパフォーマンスが良い」と思っていたけれど、今となっては体験にかかる時間がネックに――。漫画家の沖島灯(@between0621)さんがTwitterに投稿した、ゲームに対する意識の変化をつづった漫画にさまざまな反響が寄せられています。

 漫画はこれまでに1万件以上のいいねを集めており、これをきっかけにネット上では「ゲームはコスパが良いのか、それとも悪いのか」を巡ってさまざまな声が上がる形に。編集部では沖島さんに、いつごろからこうした意識の変化を感じるようになったのかなど、漫画を描いた背景を聞きました。

アイキャッチ 娯楽を「創作のためのインプット」と考えた場合、ゲームは時間がかかりすぎるかも?

 

1作の体験に100時間かかるゲームは「コスパが悪い」?

 沖島さんは以前、純粋にゲームを趣味としてプレイ。2時間の鑑賞に2000円ほどかかる映画と比較して、ゲームは5000円で100時間遊べる点を、(金銭的な)コスパが良いとしていました。

ゲームとコスパ

 

 ところが、本格的に漫画を描き始めてからは、娯楽への向き合い方が「作品から何かを得よう」とするスタイルに。その結果、1作の体験に100時間もかかるゲームは「(時間的な)コスパが悪いのではないか」と、沖島さんの考え方は変わっていきました。それに伴い「2時間で濃密な物語が堪能できる」と、映画への意識も以前とは逆転しています。

 年を経て立ち位置が変わるにつれ、重視するものもお金から時間へ――。価値観の変化を描いた漫画は、「年を食うと時間のかかるものは敬遠しがちになる」「より多くのインプットを求めると、この思考になるのは分かる」「楽しみたいものはたくさんあるのに時間がない」などと共感を呼びました。

 その一方で、「娯楽をコスパで判断してしまうのは悲しい」との指摘も。他にも「映像作品と、インタラクティブ性のあるゲームを比較するものではない」「ゲームを映画などと比較するのであれば、妥当な対象は『スター・ウォーズ』や『アベンジャーズ』などの長編シリーズなのでは」など、さまざまな意見が上がりました。

 

大切なのは「楽しむときは全力で楽しむ」こと

 編集部は沖島さんを取材し、コスパやゲームへのスタンスについて聞きました。

―― これまで遊んだ中で、金銭的な意味で特にコスパが良かったと感じたゲームは何がありましたか。

沖島:価格とプレイ時間で考えると「Nuclear Throne」です。見下ろし型のローグライク(ローグライト)シューティングゲームなのですが、1200円程度の出費で1000時間弱もプレイしていました。恐ろしいですね。

―― 逆に、時間的なコスパが良かったと感じたゲームはありましたか?

沖島:ありません。ゲームは本来コスパなど考えずに楽しむものだからです。そういう意味ではすべてのゲームはコスパが悪いのかもしれません。でも娯楽とは本来そういうものです。

―― 時間的なコスパを意識するようになったのはいつごろからですか。何かきっかけはありましたか。

沖島:創作活動をするようになり、脚本や演出を勉強しようと積極的に作品を鑑賞するようになってからです。創作の勉強という点においては、2時間という短時間で濃密な物語を鑑賞できる映画はコスパが良いです。それに比べると、勉強という点でゲームはコスパが悪いという考えになってしまっていました。

―― 「でもやり込んじゃう…」と漫画にはありましたが、それでも遊んでしまうゲームの魅力はどこだと思いますか。

沖島:没入感と達成感です。非日常な世界の一員となって冒険するワクワク感、絶対無理だろって局面を試行錯誤することによって突破したときの達成感と成長の実感――これがゲームの魅力だと思います。それらに対し、ゲームにおけるシナリオは、二次的なものかもしれません。

 だから、シナリオを主軸とする映画と、体験を主軸とするゲームを比べるのは、そもそも間違いだったと今は思います。たくさん寄せられた意見を見て反省しました。

―― 今ではどんなスタンスでゲームと接していますか?

沖島:正直今はゲームをほとんどできていません。たまに無性にやりたくなってプレイしても、時間を浪費したと罪悪感にさいなまれてしまいます。

 ですが、それは結局自分自身にメリハリがなかっただけだと気付かされました。仕事や勉強をするときは全力で取り組み、娯楽を楽しむときは全力で娯楽だけを楽しむ。そうすればクリエイターもコンテンツを純粋に楽しむことができるのだと今は思います。今後はそういうスタンスでゲームと接したいと考えています。



 5000円で100時間遊べるゲームは「金銭的コスパが良い」のか、それとも「時間的コスパが悪い」のか――。恐らくゲーム好きにとっては永遠につきまとうであろう難題ですが、沖島さんの「結局自分自身にメリハリがなかっただけ」という考え方は、ゲームと長く付き合っていくうえで一つのヒントになるかもしれません。

 「仕事や勉強をするときは全力で取り組み、娯楽を楽しむときは全力で娯楽だけを楽しむ。そうすればクリエイターもコンテンツを純粋に楽しむことができるのだと今は思います」と沖島さん。あらゆる娯楽は突き詰めれば無駄なものですが、どうせ楽しむなら全力で楽しむ方がいい。みなさんはゲームの「コスパ」について、どんなことを考えたでしょうか。

作品提供・協力:沖島灯(@between0621)さん

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声