ニュース
» 2022年03月09日 12時00分 公開

「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」レビュー 国際情勢と奇しくもシンクロした、大切なメッセージ(1/3 ページ)

スネ夫が史上最高に愛おしかった。

[ヒナタカねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 理想的なリメイクかつ、今の世に必要な作品だ。公開中の「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」は、心からそう思わせてくれた。

 作品としてのクオリティーが高いだけでなく、Twitterではロシアによるウクライナ侵攻に通ずる、タイムリーな内容だと話題になっている。実際に見ればそれも納得、今見るからこそ、さまざまな思考を巡らせられる内容となっていたのだ。

 進化した映像面での魅力も大きい。特に、序盤のジオラマによる特撮映画を撮影するシーンは、多数のVFXや特殊効果を手掛ける映像制作プロダクション「白組」が実際にミニチュアを作り、2Dアニメの質感になじむように加工した上で合成する手順を踏んでいるため、とても臨場感のある映像になっている。

 加えて「音響」も優れており、戦闘シーンの迫力はもちろん、小人の宇宙人から見たのび太たちの巨大さが、音の演出からも伝わるようになっている。映画ドラえもん史上初となる「ドルビーアトモス版」の上映もあるので、ぜひより良い環境で楽しんでほしい。

「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」新予告

※以下、決定的なネタバレは避けたつもりだが、一部旧作(原作マンガおよび1985年の映画版)との違いや、作品のメッセージには触れている。予備知識なく見たい方は、先に劇場に足を運んでほしい。

ウクライナ侵攻の今を想起させる理由

 「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」は当初の公開予定日から丸1年の延期を経て、3月4日に公開された。劇中のピリカ星では、独裁者が市民の暮らしを脅かし、街では戦車が走り、常に監視の目がある光景が日常のものとなっている。

 現実では2月24日より、ロシアによるウクライナ侵攻が始まった。市民は空爆におびえ、ロシア国内では反戦を訴えた小学生がロシア警察に拘束されるなど、「これが本当に今の世に起こることなのか」とさえ思うニュースが連日報じられている。

 作中では国内での軍隊と自由同盟の内戦が描かれるため、厳密には現実のウクライナ侵攻という国をまたいだ戦争とは異なるのだが、そうした画や設定から、今の世界情勢を強く連想せざるを得ないのだ。

動画が取得できませんでした

 そして、メインとなるのは「別の国(星)を救うために戦いに向かう」という物語だ。先日、ロシア軍と戦うためにウクライナに向かう外国人義勇兵に、2万人以上が志願したとのニュースもあった。これ自体に賛否両論もあるが、「困難に陥っている他の国や人のために何かをしたい」という人々の尊い思いそのものは、創作と現実で一致したかのようにも見えた。

 さらに余談だが、少年大統領のパピが首につけるペンダントの色が、ウクライナ国旗と同じ青と黄色のカラーリングだという点も話題になっている。これも、おそらく偶然であろう。

 旧作版が世に出た1985年当時も、ソ連によるアフガン侵攻の最中だった。藤子・F・不二雄がその情勢を作品に反映したかどうかは定かではないが、どちらも戦争においてタイムリーな内容となった点に、運命的なものを感じてしまう。

「まだ子どもなんだ」と思わせる描写

 旧作からのアレンジはさまざまなものがある。中でも、旧作では中盤からのび太たちとずっと離れ離れになるパピが、今回はロケットでピリカ星に向かう道中でも一緒にいることは大きい。

「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」レビュー ウクライナ侵攻のタイムリーさと、大切な「やれるだけのことをやる」メッセージ パピとしずかちゃん(画像は新予告より)

 そこで、おしゃべりな犬のロコロコは、パピがいかに優れた人物であるかを語るため、ジャイアンから「カンペキ超人だ」とまで評されるのだが、最後にロコロコが「でも、みなさんと変わらない、年頃の男の子です」とつぶやき、みんなが一瞬で静まり返る場面がある。さらに部屋にこもったスネ夫が自分の情けなさを卑下するのに対して、パピは「同じです。ぼくだって本当は怖い」と正直な気持ちを伝えるのだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」