ニュース
» 2022年03月09日 12時00分 公開

「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」レビュー 国際情勢と奇しくもシンクロした、大切なメッセージ(1/3 ページ)

スネ夫が史上最高に愛おしかった。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 理想的なリメイクかつ、今の世に必要な作品だ。公開中の「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」は、心からそう思わせてくれた。

 作品としてのクオリティーが高いだけでなく、Twitterではロシアによるウクライナ侵攻に通ずる、タイムリーな内容だと話題になっている。実際に見ればそれも納得、今見るからこそ、さまざまな思考を巡らせられる内容となっていたのだ。

 進化した映像面での魅力も大きい。特に、序盤のジオラマによる特撮映画を撮影するシーンは、多数のVFXや特殊効果を手掛ける映像制作プロダクション「白組」が実際にミニチュアを作り、2Dアニメの質感になじむように加工した上で合成する手順を踏んでいるため、とても臨場感のある映像になっている。

 加えて「音響」も優れており、戦闘シーンの迫力はもちろん、小人の宇宙人から見たのび太たちの巨大さが、音の演出からも伝わるようになっている。映画ドラえもん史上初となる「ドルビーアトモス版」の上映もあるので、ぜひより良い環境で楽しんでほしい。

「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」新予告

※以下、決定的なネタバレは避けたつもりだが、一部旧作(原作マンガおよび1985年の映画版)との違いや、作品のメッセージには触れている。予備知識なく見たい方は、先に劇場に足を運んでほしい。

ウクライナ侵攻の今を想起させる理由

 「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」は当初の公開予定日から丸1年の延期を経て、3月4日に公開された。劇中のピリカ星では、独裁者が市民の暮らしを脅かし、街では戦車が走り、常に監視の目がある光景が日常のものとなっている。

 現実では2月24日より、ロシアによるウクライナ侵攻が始まった。市民は空爆におびえ、ロシア国内では反戦を訴えた小学生がロシア警察に拘束されるなど、「これが本当に今の世に起こることなのか」とさえ思うニュースが連日報じられている。

 作中では国内での軍隊と自由同盟の内戦が描かれるため、厳密には現実のウクライナ侵攻という国をまたいだ戦争とは異なるのだが、そうした画や設定から、今の世界情勢を強く連想せざるを得ないのだ。

 そして、メインとなるのは「別の国(星)を救うために戦いに向かう」という物語だ。先日、ロシア軍と戦うためにウクライナに向かう外国人義勇兵に、2万人以上が志願したとのニュースもあった。これ自体に賛否両論もあるが、「困難に陥っている他の国や人のために何かをしたい」という人々の尊い思いそのものは、創作と現実で一致したかのようにも見えた。

 さらに余談だが、少年大統領のパピが首につけるペンダントの色が、ウクライナ国旗と同じ青と黄色のカラーリングだという点も話題になっている。これも、おそらく偶然であろう。

 旧作版が世に出た1985年当時も、ソ連によるアフガン侵攻の最中だった。藤子・F・不二雄がその情勢を作品に反映したかどうかは定かではないが、どちらも戦争においてタイムリーな内容となった点に、運命的なものを感じてしまう。

「まだ子どもなんだ」と思わせる描写

 旧作からのアレンジはさまざまなものがある。中でも、旧作では中盤からのび太たちとずっと離れ離れになるパピが、今回はロケットでピリカ星に向かう道中でも一緒にいることは大きい。

「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」レビュー ウクライナ侵攻のタイムリーさと、大切な「やれるだけのことをやる」メッセージ パピとしずかちゃん(画像は新予告より)

 そこで、おしゃべりな犬のロコロコは、パピがいかに優れた人物であるかを語るため、ジャイアンから「カンペキ超人だ」とまで評されるのだが、最後にロコロコが「でも、みなさんと変わらない、年頃の男の子です」とつぶやき、みんなが一瞬で静まり返る場面がある。さらに部屋にこもったスネ夫が自分の情けなさを卑下するのに対して、パピは「同じです。ぼくだって本当は怖い」と正直な気持ちを伝えるのだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声