ニュース
» 2022年03月10日 19時00分 公開

「遺体引き取りに来て」「いやです」―― 3万いいね集めた壮絶漫画「毒親の喪主をバックれた話」作者に聞く“毒親を捨てる”勇気(1/3 ページ)

毒親サバイバーの体験談を紹介しています。

[十津川あきら,ねとらぼ]

 二度と会いたくない毒親が死んだ――。自分を虐待していた親の遺体引き取りを拒否した人の漫画が、3万いいねを集めるなど注目を集めています。毒親問題について社会に望むことや伝えたいメッセージについて、作者に聞きました。

『そんな親、捨てていいよ。』

 話題になっているのは、尾添椿さんの漫画『そんな親、捨てていいよ。〜毒親サバイバーの脱出記録〜』に収録された一編。過剰な支配や虐待などで子どもの毒になる“毒親”の元から去ることができた10人のサバイバーの話を紹介しており、喪主をバックれた話はその中のヤマダ代務さんの体験を漫画化したものです。

『そんな親、捨てていいよ。』

 ヤマダさんの父は、お金はあるのに自分の趣味にしか使わず、子どもに必要な治療を受けさせない、学費を出さない、暴力をふるい困っている姿を笑う、などの非道な行いをしていました。事なかれ主義の母親も、それを止めることはありませんでした。

『そんな親、捨てていいよ。』

 社会人になって実家を出たヤマダさんは両親と縁を切り、妻と幸せに暮らしていました。そんな中で、警察から父親が変死体で発見されたという連絡が。ヤマダさんは弁護士と相談して遺体の引き取りを拒否し、相続放棄の手続きをしました。漫画の中では、相続放棄に必要な手続きが分かりやすく説明されています。

『そんな親、捨てていいよ。』

 「子に親の面倒を見る決まりはない」とサポートしてくれた弁護士さん。またヤマダさんが以前から周囲に家庭の事情を話して理解者を増やしていたこともあり、喪主を放棄しても「非常識だ」と非難されることなく乗り越えられたといいます。

『そんな親、捨てていいよ。』

 この漫画に対してネット上では「とても参考になりました。読んでて何というか自分も救われた様な気になりました」「私も毒両親と音信不通になり、親の死で連絡来るかもと思って不安だったのですが、これ読んで俄然、自信と勇気がつきました!!」「親だから話し合えばわかる!とか言ってる馬鹿の戯言なんか気にせず、自分の作った家族と人生を大切にして欲しい」などと、大きな反響が寄せられています。

 ヤマダさんなど10人の毒親サバイバーの体験談を漫画化し、自身も毒親を捨てた経験のある尾添椿さんに、漫画を描いたきっかけや毒親に悩む人へのメッセージなどを聞きました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声