ニュース
» 2022年03月11日 18時07分 公開

みんなちがってみんないい 個性を尊重した“目玉焼き”たちの卒制がパンクで几帳面で色気もある!(1/2 ページ)

とげとげした黄身がかわいい。

[関口雄太,ねとらぼ]

 多様な形で作られた目玉焼きを通して「個性を愛する」を表現した、美大生の卒業制作がユニークで注目を集めています。

”パンク”で尖った黄身や正方形で”几帳面”な目玉焼き 多摩美学生の卒制が個性を尊重していてすてき 個性豊かな目玉焼き

 黄身や白身の形がさまざまな目玉焼き。多摩美術大学グラフィックデザイン学科の圓井誓太(@SeitaMarui)さんによる卒業制作です。

 「パンク」と題した目玉焼きでは、中心部の黄身がトゲ状になっています。パンクロッカーが身に付けていそうなスタッズのようで挑発的ながら、どこかかわいらしさもあります。

 その他にも、白身部分が正方形にきちんと整えられた「几帳面」、黄身がダイヤモンドカットのように仕上げられた「上品」など、多種多様な目玉焼きが並んでいます。

”パンク”で尖った黄身や正方形で”几帳面”な目玉焼き 多摩美学生の卒制が個性を尊重していてすてき 「角がない」「堅物」など立体的なものも
”パンク”で尖った黄身や正方形で”几帳面”な目玉焼き 多摩美学生の卒制が個性を尊重していてすてき 並んでいるとかなりかわいい

 作品の意味を作家が解説するコンセプト文には「毎朝作っているといびつな形や黄身がつぶれてしまったりと様々な個性を持った目玉焼きができる」と着想について語られています。日常の気づきから思考を広げたすてきな作品です。

 Twitterには生活で身近にある目玉焼きが姿を変えたことに反応して「目玉焼きが大好きなので、楽しく拝見しました」と喜ぶ人の声、「黄身が脱走しかけてるの好き」と表現を楽しむ感想が寄せられています。

作品提供:圓井誓太(@SeitaMarui)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響