“Twitterで稼げる漫画家”は現れるか? Twitterで漫画家を育成するプロジェクト「アクセルナイン」運営に聞く手応え(1/3 ページ)

“Twitterで稼げる漫画家”育成を目指すプロジェクトが進行中。その運営元を取材しました。

» 2022年03月18日 20時00分 公開
[ねとらぼ]

 Twitterで話題になった漫画が連載化され、単行本になる――これまでと違う商業漫画デビューのルートが生まれる中で、Twitterという場で漫画家を育成しようという新しい取り組みが進行しています。「Twitterで稼げる漫画家を育成する」を目標に掲げたプロジェクトの主催に、手応えや「Twitter漫画」という分野について聞きました。

Twitterで稼げる漫画家を育成する「アクセルナイン」プロジェクトから生まれた作品『おかえり、初恋。』 (C)かめみずとら

 Twitterで漫画家を育成する「アクセルナイン」プロジェクトを立ち上げたのは、電子書籍配信サービスを運営するナンバーナイン。プロジェクトでは、Twitterで50万フォロワーを擁する八木戸マトさん(代表作:『就活失敗したサキュバスさんを拾いました』)などTwitterで人気の漫画家などを講師として迎え、プレーヤー(生徒)にTwitterで受ける漫画の描き方をコーチ。学んだことを生かしてTwitterで作品を発表し、フォロワー増や電子書籍配信を目指していきます。

コーチ陣(画像提供:ナンバーナイン)
プロジェクトのスケジュール(画像提供:ナンバーナイン)

 プロジェクト第1期は2021年8月から11月まで実施。プレーヤーの1人「かめみずとら」さんは、作品を19話発表し、Twitterフォロワーを641人から5万人以上に増やし、連載決定、単行本配信と「一定の成果」があったといいます。もう1人のプレイヤー「寅」さんも大きくフォロワーを増やしています。

1期の成果(画像提供:ナンバーナイン)

 この成果を受けて、プロジェクトは第2期へと向けて進行中。編集部では、ナンバーナインの執行役員、工藤雄大さんに企画立ち上げの背景や、手応えを聞きました。

“王道ルート”だけでは合わない作家もいる

―― アクセルナイン立ち上げの経緯を教えてください。

工藤さん きっかけはインフルエンサー漫画家・八木戸マトさんとの世間話でした。話していたのは、現状の漫画業界における漫画家の選択肢の少なさについてです。

 現状の漫画業界では、商業連載から大ヒットを狙うというのが王道ルートとして存在しています。出版社の運営する商業誌(紙・Web・アプリを問わず)に熱い思いをもった漫画家さんが大量に集まり、その中で競争がおき、大ヒットが生まれる。大ヒット作品を生み出すために最も効率的だとは分かっているんですが、この方法だけだとどうしてもそこに合わない漫画家さんが出てくるよね、と。

 その中で八木戸マトさんが、「自分がTwitter上で漫画を投稿し続けて稼げるようになったから、この方法論を共有できれば実力のある漫画家さんは稼げるようになるんじゃないか?」という仮説を話してくださったんです。その話に強く共感し、ナンバーナインのプロジェクトとして昇華させたのが「アクセルナイン」です。

―― コーチ陣や漫画家の選定基準は。

工藤さん 発案者である八木戸マトさんを中心に、「もともと親交があったTwitterでフォロワーの多い漫画家さん」で、「『アクセルナイン』の考え方に共感してくださる方」という基準で選定させていただきました。ありがたいことに、根田啓史さんと若林稔弥さんのお二人にご協力いただけることになりました。

 このお三方がいれば、発信力・漫画の実力ともに十分で、いいプロジェクトになるとは思っていましたが、「Twitter漫画を誰よりも読んでいる読者」の観点が足りません。そこで、漫画家ではないのですが「尊い漫画をやらしい雰囲気にさせる人」というアカウントを運営している方(尊いさん)にお声がけしたところ、企画趣旨にも強く共感してもらえて、コーチとして参加いただくことになったのです。

フォロワーが600人程度から5万人超えに

―― 第1期の成果は想定と比較してどうでしたか。

工藤さん 試験的なプロジェクトということでナンバーナインと契約している1000人ほどの漫画家さんを対象にクローズドな形で募集を行い、結果として80人以上の応募がありました。最終的に、かめみずとらさんと寅さんの2人が第1期のプレーヤーとして参加しました。

 アクセルナインでは、「半年でフォロワー10万人を目指す」ことと「Twitterでヒットする漫画を作る」ことの2つの目標を掲げていました。1つ目に関しては、2人とも達成はできませんでした。しかし、寅さんはプロジェクト終了後は3.6万フォロワーと参加当初と比べると4倍近い成長、参加前はフォロワー600人程度だったかめみずさんに至っては、終了後は5.6万人と圧倒的な成長でした。この点に関しては、10万人という目標にこだわる必要はなく、現状に対してどこまで伸ばせるか、が重要だという結論に至っています。

 2つ目の目標「Twitterでヒットする漫画を作る」に関しては、ヒットの定義を「1話目が5万いいね以上いくこと」としていたのですが、2人とも達成してくれました。もともと2人の実力が高かったから、ということもありますが、アクセルナインで学んだことをしっかり生かしてくださったなと思っています。

―― 手応えは感じましたか。「稼げる」という目標についてはいかがでしょうか。

工藤さん 改善すべき点は少なくありませんが、手応えは正直めちゃくちゃ感じています。「稼げる」という点に関しては、かめみずとらさんの連載作品『おかえり、初恋。』しかまだ電子書籍が出ていないので断言はできませんが、同作の売上は想定していたよりもかなり高かったです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/25/news023.jpg 小1息子「からあげって書いてある」→視線の先には…… 爆笑の珍回答が540万再生「かわいいから正解にしちゃおう」「オチwww」
  2. /nl/articles/2406/25/news174.jpg かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  3. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  4. /nl/articles/2406/25/news021.jpg 0歳赤ちゃんと2歳兄、“世界一かわいい兄弟げんか”がはじまったワケは…… 必死な兄の姿に「笑っちゃった」「たまらんです」
  5. /nl/articles/2406/24/news128.jpg 現存するの……!? 実家で見つけたティッシュ → 書かれていた“まさかの文字”に驚がく レアすぎる品に「すごっ」「もう27年か」
  6. /nl/articles/2406/25/news047.jpg 「美しすぎる文章」 90歳の祖母から届く小説のような手紙に反響 「素敵なおばあさま」「こんな文が書きたい」
  7. /nl/articles/2406/25/news121.jpg 44歳・遠野なぎこ「エヘッ お手て繋いでテクテク」 友人と連日外食→距離感問うSNSコメントにピシャリ「即ブロックしますからね」
  8. /nl/articles/2406/24/news137.jpg 「そうはならんやろ」 洗濯機で洗ってしまった“まさかのお菓子” → 衝撃の光景に6万いいね 「やばすぎw」「驚きの白さ」
  9. /nl/articles/2406/25/news032.jpg 大切なランプを壊してしまった妻 片付ける夫に「どうしてイライラしないの?」と聞くと…… 25万いいねを集めた回答がすてき【海外】
  10. /nl/articles/2406/25/news030.jpg 学校に行かせてもらえない娘の“絶望的状況”に「まさにトラップ」「家で自習ですね」 行く手を遮る正体に同情の声続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  3. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  4. 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  5. 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  6. いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  8. 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  9. 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  10. 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」