ニュース
» 2022年03月17日 11時00分 公開

プラ板にサインを書いてもらうアイデアが「ステキな案」「天才」と話題 焼いて小さくして持ち歩けるストラップに(1/2 ページ)

すごい発想……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 サイン会で、プラ板にサインを書いてもらうファンのアイデアが「すごく素敵な案」「これは賢い」とTwitterで注目を集めています。加熱で縮むプラ板の性質を利用し、自宅で焼いてストラップにするというものです。その手があったか……!

 投稿したのは、イラストレーター・漫画家の原田ちあきさん(Twitter:@cchhiiaakkii/サブアカウント:@nijinoyatu/Instagram:@cchhiiaakkii9)。

 自身のサイン会に来てくれたファンが「これにサインしてもらっていいですか?」とプラ板を出してきたそうで、サインを書いた原田さんも上記のアイデアを聞いて「めちゃくちゃ頭いいじゃん!」と驚いたそうです。

プラ板 サイン 焼いて 小さくする アイデア プラ板に描かれた原田さんのサイン

 ちなみに事前に黒ペンで描かれていたのは、原田さんの漫画『手から毒がでるねこのはなし』に登場するねこキャラクター「もうどく」のシルエットで、ファンならではの発想に「自分のキャラが枠なのすごく嬉しかったし本当にいいアイデアだよね!」と感動したことを伝えています。

プラ板 サイン 焼いて 小さくする アイデア サインを頼んだファンは、プラ板で「もうどく」のストラップも作っていました。サインのプラ板も縮むとこんな感じに?

 コメントでは「サインを持ち歩けるなんて…!こういう発想ほんとにステキで夢がある!」「賢いのと愛が溢れているのがまた素敵すぎます…」と称賛の声が多く寄せられ、「機会があれば真似してみたい」と話題になっています。

 なお、真似しようとする場合は、必ず事前に試しておく方がよさそうです。そもそもプラ板が大きいとオーブンに入らなかったり、加熱してもバランスよく縮んでくれなかったりするリスクがあります。試す際も自己責任で。あとはもちろん、参加するサイン会のルールも確認しましょう。

原田ちあきさんの著書

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響