ニュース
» 2022年03月17日 11時43分 公開

タカラトミーがJAXAと月面探査ロボットを開発。「トランスフォーマー」「ゾイド」などの技術を活用(1/2 ページ)

球体で月面に着陸後、左右に変形拡張。走行しながら周囲の状況やわだちを撮影。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 タカラトミーは国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)などとともに、直径約8センチ、約250グラムの超小型変形型月面ロボットを開発。「トランスフォーマー」や「ZOIDS(ゾイド)」といった玩具開発のアイデアが盛り込まれた探査ロボット「SORA-Q(ソラキュー)」が誕生しました。

ソラキュー 月面探査ロボット「SORA-Q(ソラキュー)」、左奥が球体、右手前が変形拡張後

 

ソラキュー 直径約8センチ、約250グラムと手のサイズ

 

ソラキュー ほぼ野球ボールと同じサイズ

 「ソラキュー」の使命は、JAXAの「SLIM(スリム)プロジェクト」において月面の低重力環境下における超小型ロボットの探査技術を実証すること。小型月着陸実証機「スリム」から放出され、球体で月面に着陸すると、瞬時に左右に拡張。カメラを搭載した頭部が立ち上がり、スタビライザーを伸ばした状態へと変形し、外殻を車輪として回転させて走行しながら周囲の状況やわだちを撮影します。将来の月面における有人自動運転技術や走行技術の検討に向けて必要な月面データを取得してくることが目標です。

ソラキュー 地球に画像を送るLEV-1とともに、「スリム」から放出される「ソラキュー」 (c)JAXA (c)TOMY

 

ソラキュー 「ソラキュー」は撮影した画像をBluetooth通信でLEV-1に送信、LEV-1を経由して地球へ送ります  (c)JAXA (c)TOMY

 

ソラキュー 球体で着地する「ソラキュー」

 

ソラキュー 着地するとすぐ、横に拡張

 

ソラキュー クロール走行

 

ソラキュー バタフライ走行

 タカラトミーは2016年からJAXAとともに筐体(きょうたい)の共同研究をスタート。2019年にソニー、2021年に同志社大学が加わり4者での開発が進められていました。「ソラキュー」には組立式駆動玩具「ゾイド」シリーズや、二足歩行ヒューマノイド型ロボット「Omnibot 17μ i-SOBOT」、変形ロボット「トランスフォーマー」シリーズなど、玩具開発で培われた技術が生かされています。

ソラキュー SORA-Q 開発メンバー(一部)

 

ソラキュー 玩具づくりの技術を生かして開発(イメージ)

 

ソラキュー 「ゾイド」シリーズの「シールドライガー」 組み立て完了後に動き出す小型駆動のノウハウが「ソラキュー」に生かされました  (c)JAXA (c)TOMY

 

ソラキュー 「Omnibot 17μ i-SOBOT」(オムニボット ワンセブンミュー アイソボット) 高さ16.5センチ、体重350グラム。当時世界最小の二足歩行ヒューマノイド型ロボット  (c)JAXA (c)TOMY

 

ソラキュー 小型化とバランス感覚、さまざまな動作を可能とするノウハウが生かされました  (c)JAXA (c)TOMY

 

ソラキュー ハリウッドで実写映画化された「トランスフォーマー」シリーズ ロボットモード (c)TOMY (c) 2022 Paramount Pictures Corporation. and/or TM & (c)TOMY. All Rights Reserved. TM & denote Japan Trademarks.

 

ソラキュー こちらはビークルモード。変形機構のノウハウがソラキューの開発に生かされました  (c)TOMY (c) 2022 Paramount Pictures Corporation. and/or TM & (c)TOMY. All Rights Reserved. TM & denote Japan Trademarks.

 拡張変形し、走る「ソラキュー」の動画がタカラトミーの公式ウェブサイトで公開中です。小さいけれど迫力ある動きを見てみませんか。

宇宙を走る様子をCGで再現
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響