ニュース
» 2022年03月18日 16時33分 公開

京極夏彦の新作が薄すぎる……だと!?  「マイクロフイルム並みの印刷密度で専用リーダー必須なのでは」「薄っ!何かの罠か?」(1/2 ページ)

京極作品の入門編として良さそうな厚み。

[関口雄太,ねとらぼ]

 講談社文庫の京極夏彦さんの新作『地獄の楽しみ方』が、従来作品と比較すると信じられないほど薄くなっていると、驚きが広がっています。

“レンガ本”じゃないだと…? 『地獄の楽しみ方』が京極夏彦の新刊とは思えないほど薄い 新刊は右端の1冊

 講談社第五事業販売部(@kodansha_sale_5)は3月15日発売の『地獄の楽しみ方』について、見た目の薄さにびっくりするとTwitterに写真を投稿。ずらりと並ぶ分厚い京極作品群の右端にポツンと置かれた薄い本が当該作品で、突然の厚みの変化に驚愕してしまいます。

 京極夏彦さんは1994年に長編ミステリー『姑獲鳥の夏』で講談社からデビュー。その後も妖怪と関連した事件が起こる推理小説「百鬼夜行シリーズ」や「巷説百物語シリーズ」を出版するなど、本格ミステリー作家として活動を続けています。

 京極作品は物語が魅力満載なのは当然ながら、書籍のとんでもない厚みでも注目を集めてきました。“鈍器にもなる”といわれるその見た目から「レンガ本」と呼ばれることもあり、並べてみると新刊の異様さが際立ちます。

 このツイートにはおよそ2000件のいいねが集まり、「マイクロフイルム並みの印刷密度で専用リーダー必須なのですね、わかってますって、皆まで言わないでくださいな」と冗談をかぶせる声や「薄っ!何かの罠か?!」と警戒する声などが寄せられています。ぜひ手に取って本の重量を体感してみたくなる薄い本です。

画像提供:講談社 第五事業販売部(@kodansha_sale_5)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  7. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  8. /nl/articles/2205/26/news104.jpg 「10代可愛いすぎる」「ギャルや〜ん」 矢田亜希子、日焼け×ミニスカ×ルーズソックスの“ギャル女子高生”時代に反響
  9. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  10. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響