ニュース
» 2022年03月18日 21時30分 公開

「いきなり震度6来てたら死んでました」―― 地震で倒れたタンスが枕を直撃する衝撃写真が「ゾッとした」と話題に(1/2 ページ)

阪神淡路大震災を経験した人からの「寝室にはタンスを置かないように」など、多くの助言が届きました。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 「もし就寝していて、直前の震度4が無くて、いきなり震度6来てたら、死んでました」――。地震で倒れたタンスの写真の投稿に注目が集まっています。

タンス転倒 倒れたタンス、その下にはつぶれた枕が! 一体何が?

 3月16日午後11時36分ごろ、宮城県と福島県で最大震度6強を観測する地震が発生。停電や断水に加え、家屋や工場、公共施設などの建物、道路や鉄道といったインフラにも被害が出ました。

 投稿したマヒロッツォ(@ShizuAg)さんは宮城県仙台市在住。ツイートは3月17日の午前0時39分、地震発生から約1時間後のものでした。

 タンスは布団上の枕の上を直撃。そこに寝ていたら頭がつぶされていたかもしれません。間一髪、難を逃れた様子が伝わる投稿。マヒロッツォさんはどのように危険を回避したのか、当時の状況をたずねました。

 

たまたま台所に行ったことが幸い

 午後11時36分ごろに発生した地震の少し前、11時半過ぎにも震度4の揺れを感じたマヒロッツォさん。そのときはタンスのあった部屋で就寝する直前だったと言います。

「揺れを感じたときには久々に強い地震だなと思いました。部屋に置いていた電気ケトルと加湿器の中に水が入ったままで、その水がこぼれたら大変だと思い、2つを抱えて台所に向かいました。後々の掃除が大変になると思って寝室から離れたわけです」(マヒロッツォさん)

 マヒロッツォさんは揺れが収まってもしばらく台所にいたようですが、その後、大きな揺れに襲われます。脳裏をよぎったのは、昨年(2021年)の2月13日に発生した最大震度6強の地震の記憶でした。

「昨年2月に起きた地震の際に、冷蔵庫上に置いていた炊飯器が吹っ飛んだことを思い出し、震度6で揺れている間はずっと炊飯器を抱いていました。初めて経験する揺れと長さでこのまま終わるのかなと恐怖でいっぱいでした」(マヒロッツォさん)

 そして揺れが収まり部屋に戻ったマヒロッツォさんの目に飛び込んできたのが、写真のように倒れたタンスでした。無事だったのは、どうやら偶然のようです。高さ140センチ程度のタンスの中には、洋服や書類が入っていましたが、倒れた瞬間の音や衝撃は分からなかったといいます。

 現在はこれまでタンスの下に敷いていた滑り止めに加え、地震の翌朝に購入した突っ張り棒で補強。また、重い書類が一番上の引き出しに入っていたこともタンスが倒れた原因と捉え、最下段に入れ直そうと考えているとのことです。

 最後に、投稿や記事を見た読者へのメッセージをお願いしました。

「今回、私の対策不足でタンスが倒れました。突っ張り棒を使って倒れにくいようにする他、倒れてくる場合を考えて寝床を変え、部屋のレイアウトも考え直します。ホントに不幸中の幸いで死を免れました。死にそうになったやつがいる、と笑われても構わないのでみなさんの防災意識の向上に役立てればと思います。

 ツイートには『無事で何より』とコメントをくださる方もいれば『東北にいながら認識が甘い』とお叱りの言葉も頂きました。また、防災対策の知識もいろいろ教えていただき、Twitterの醍醐味を味わえたと思います」(マヒロッツォさん)

 恐怖の体験を自分だけでなく多くの人の地震対策に役立てばと、情報を発信するマヒロッツォさん。投稿には「無事でよかった」「ご無事でなによりです」など、マヒロッツォさんが助かったことを喜ぶ声が多くありました。

 また、「タンスは固定するか低いものをお願いしますね」「『倒れないように』も大事ですが、それでも『倒れてきても』を考慮しておくことは必要」など安全対策についてのコメントも。さらに、「阪神大震災経験者です。どうか、寝室にはタンスを置かないように気を付けてください」との声もありました。

 自分の部屋に起こったことを投稿したマヒロッツオさんに対して、「大変な中、ツイートを有難うございます。改めて、家の中の防災について考えさせられました」と感謝する人もいました。いつ発生するかわからない地震。他人事と思わず、家具の転倒を防ぐなどの地震対策を行いましょう(総務省消防庁 地震による家具の転倒を防ぐには)。

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響