「いきなり震度6来てたら死んでました」―― 地震で倒れたタンスが枕を直撃する衝撃写真が「ゾッとした」と話題に(1/2 ページ)

阪神淡路大震災を経験した人からの「寝室にはタンスを置かないように」など、多くの助言が届きました。

» 2022年03月18日 21時30分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]

 「もし就寝していて、直前の震度4が無くて、いきなり震度6来てたら、死んでました」――。地震で倒れたタンスの写真の投稿に注目が集まっています。

タンス転倒 倒れたタンス、その下にはつぶれた枕が! 一体何が?

 3月16日午後11時36分ごろ、宮城県と福島県で最大震度6強を観測する地震が発生。停電や断水に加え、家屋や工場、公共施設などの建物、道路や鉄道といったインフラにも被害が出ました。

 投稿したマヒロッツォ(@ShizuAg)さんは宮城県仙台市在住。ツイートは3月17日の午前0時39分、地震発生から約1時間後のものでした。

 タンスは布団上の枕の上を直撃。そこに寝ていたら頭がつぶされていたかもしれません。間一髪、難を逃れた様子が伝わる投稿。マヒロッツォさんはどのように危険を回避したのか、当時の状況をたずねました。

 

たまたま台所に行ったことが幸い

 午後11時36分ごろに発生した地震の少し前、11時半過ぎにも震度4の揺れを感じたマヒロッツォさん。そのときはタンスのあった部屋で就寝する直前だったと言います。

「揺れを感じたときには久々に強い地震だなと思いました。部屋に置いていた電気ケトルと加湿器の中に水が入ったままで、その水がこぼれたら大変だと思い、2つを抱えて台所に向かいました。後々の掃除が大変になると思って寝室から離れたわけです」(マヒロッツォさん)

 マヒロッツォさんは揺れが収まってもしばらく台所にいたようですが、その後、大きな揺れに襲われます。脳裏をよぎったのは、昨年(2021年)の2月13日に発生した最大震度6強の地震の記憶でした。

「昨年2月に起きた地震の際に、冷蔵庫上に置いていた炊飯器が吹っ飛んだことを思い出し、震度6で揺れている間はずっと炊飯器を抱いていました。初めて経験する揺れと長さでこのまま終わるのかなと恐怖でいっぱいでした」(マヒロッツォさん)

 そして揺れが収まり部屋に戻ったマヒロッツォさんの目に飛び込んできたのが、写真のように倒れたタンスでした。無事だったのは、どうやら偶然のようです。高さ140センチ程度のタンスの中には、洋服や書類が入っていましたが、倒れた瞬間の音や衝撃は分からなかったといいます。

 現在はこれまでタンスの下に敷いていた滑り止めに加え、地震の翌朝に購入した突っ張り棒で補強。また、重い書類が一番上の引き出しに入っていたこともタンスが倒れた原因と捉え、最下段に入れ直そうと考えているとのことです。

 最後に、投稿や記事を見た読者へのメッセージをお願いしました。

「今回、私の対策不足でタンスが倒れました。突っ張り棒を使って倒れにくいようにする他、倒れてくる場合を考えて寝床を変え、部屋のレイアウトも考え直します。ホントに不幸中の幸いで死を免れました。死にそうになったやつがいる、と笑われても構わないのでみなさんの防災意識の向上に役立てればと思います。

 ツイートには『無事で何より』とコメントをくださる方もいれば『東北にいながら認識が甘い』とお叱りの言葉も頂きました。また、防災対策の知識もいろいろ教えていただき、Twitterの醍醐味を味わえたと思います」(マヒロッツォさん)

 恐怖の体験を自分だけでなく多くの人の地震対策に役立てばと、情報を発信するマヒロッツォさん。投稿には「無事でよかった」「ご無事でなによりです」など、マヒロッツォさんが助かったことを喜ぶ声が多くありました。

 また、「タンスは固定するか低いものをお願いしますね」「『倒れないように』も大事ですが、それでも『倒れてきても』を考慮しておくことは必要」など安全対策についてのコメントも。さらに、「阪神大震災経験者です。どうか、寝室にはタンスを置かないように気を付けてください」との声もありました。

 自分の部屋に起こったことを投稿したマヒロッツオさんに対して、「大変な中、ツイートを有難うございます。改めて、家の中の防災について考えさせられました」と感謝する人もいました。いつ発生するかわからない地震。他人事と思わず、家具の転倒を防ぐなどの地震対策を行いましょう(総務省消防庁 地震による家具の転倒を防ぐには)。

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」