ニュース
» 2022年03月24日 19時00分 公開

「変な老人とガスマスク女が食事してた…」 街中に突如現れた2人組が話題、謎の正体を探った(1/2 ページ)

どういうことなの……?

[十津川あきら,ねとらぼ]

 通りで変な老人とガスマスク女が食事してた――。そんな投稿がTwitter上で話題になっています。謎の2人組の正体とは一体……?。

変な老人とガスマスク女が食事してた 熊本市内に突如現れた謎の2人組

 話題のきっかけとなったのは、Twitterユーザーのおったつさん(現在アカウントは非公開)が、「なんか久しぶりに街歩いてたら角マに変な老人とガスマスク女が食事してた…」というコメントと共に投稿した写真。

 角マ(角マック。マクドナルド熊本新市街店の通称)の通りに突如現れたちゃぶ台を前に、靴を脱いで正座するガスマスクの女と老人が写っています。2人はどうやらちゃぶ台の上のご飯を食べている様子。どういうことなの……?

変な老人とガスマスク女が食事してた スターバックスという日常の風景の前に現れた非日常

 この投稿に対してネット上では、「異世界で食事してたら突然地球にワープしたんやろなぁ…」「新手のSCPかな?」「エア夜食じゃん」「東側陣営のガスマスクじゃないか」といった考察や、「え…怖い」「世の中のこういう違和感って好き」などの感想が寄せられました。この2人はいったい何者……?

 その正体は、熊本市によるアートイベント「STREET ART-PLEX KUMAMOTO」における、演劇集団「ゼーロンの会」代表の上村清彦さんらによるパフォーマンス。上村さんとガスマスクを装着した桐野(仮名)さんが、3月12日に熊本市内の下通りで行った「飯食う男は電気羊の夢を見るか」という演目です。

 編集部では上村さんに、このパフォーマンスについて話を聞きました。

――STREET ART-PLEXでこの演目をすると決めた理由を教えてください

上村さん STREET ART-PLEX KUMAMOTOの実行委員長から依頼を受けた際、ほふく前進あるいは五体投地によるアーケード街の通過、アーケード街の路面をなめつづけるなどの候補は思い浮かびましたが、ひらめきとして最も強かったのはあのパフォーマンスでした。

 選んだ理由が「ひらめき」なんて理由にならないかもしれませんね。私にはどうもあまりに心地よく、また合理的に整序された風景に亀裂を入れたくなるという悪癖があるようです。日常の亀裂は時に高揚感を喚起してしまいますからね。

 ちなみに、タイトルと内容は、ボリス・ヴィアンのひそみに倣って関係ありません。まあ、飯は食ってましたが。

――ネットでパフォーマンスに画像が話題になっていましたが、反響についてどう思いましたか

上村さん 年に1、2回は街角でパフォーマンスをやってきましたが、今回が一番大きな反響を感じてます。たぶんそれは長引くコロナ禍により人々の心が、いえ、街そのものが、弾むこと、浮き立つことに飢えているせいかもしれません。

 それから、私はまったくSNSをやらず、パソコンも3日に一度くらいしか開かない不届きものなので、今回のネット上の反響はまったく予想していませんでした。悪事でなくてよかった。

――このパフォーマンスについて詳しく教えてください

上村さん 私は、パフォーマンスは「痕跡」だと考えています。先の例で言えば、2022年3月12日19時から19時20分まで、熊本市の新市街マクドナルドの前に私という人間が存在し、こういう行為を行った。そして、私はパフォーマンスをやるとき、私を起点に空間の外延を無限に広げていきます。

 そうすると、私のパフォーマンス空間は、例えば戦禍にあるウクライナも含むことになります。そこまでの広がりをイメージしたうえでの「痕跡」です。

 ……いよいよ脈絡があやしくなってきました。自分の作品、パフォーマンスなど語らぬ方が、行為をそこにゴロンと投げ出すだけがよいのかもしれません。

画像提供:おったつさん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響