ニュース
» 2022年03月24日 10時45分 公開

猫がラノベを執筆!? 作家の飼い猫が密かに打ち込み、ガガガ文庫の担当編集に校正される珍事発生(1/2 ページ)

吾輩もラノベなるものを書いてみるニャ。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 猫が書いたライトノベルが、ガガガ文庫の編集者に校正される珍事が発生しました。

校正された原稿 「トル?」「猫?w」との指摘

 Twitterに投稿したのは作家の川岸殴魚さん。担当編集さんが赤を入れた原稿をツイートしました。校正が入ったのは「ようやく蟲殻専用ナイフも使用できるレベルで仕上がり、ついに完成形「5464szdxxxっぃおす)(の贄の作成に入る。」との文章。何かの暗号が埋め込まれているのか、もしくは何かの打ち間違えがあったのか、推測が難しい文章となっています。

 担当編集さんは、この不可解な文字列を赤丸で囲み「トル?」「猫?w」と指摘。校正を受け取った川岸さんは「担当編集さんからの赤……。ええ、そうでございます。猫でございます……。」とツイートしました。

 さすが、担当編集さんです。なぜこうなったのか筆者を特定し見破っていました。本来は「ようやく蟲殻専用ナイフも使用できるレベルで仕上がり、ついに完成形の作成に入る。」との文だったそうです。

 犯ニャンと目されるのは、黒猫のくろのすけ先生。文豪顔負けの巨匠オーラを放ちつつ、キーボードの上でくつろぐ姿がツイートされています。落ち着く場所なんですかね。

 執筆していたのは『呪剣の姫のオーバーキル4巻』の原稿でした。同作品は小学館ガガガ文庫より3巻まで刊行中。2022年5月に4巻が発売予定です。また、コミカライズ版も発売されています。

画像提供:川岸殴魚@ライトノベル作家、シナリオライター(@ougyo_kawagishi)さん

 

 

高橋ホイコ

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  7. /nl/articles/2205/26/news104.jpg 「10代可愛いすぎる」「ギャルや〜ん」 矢田亜希子、日焼け×ミニスカ×ルーズソックスの“ギャル女子高生”時代に反響
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news014.jpg 腕枕が大好きなワンコ、飼い主が寝返りを打つと…… ラブラブなやりとりに「中身…人間!?」「こんな彼女が欲しい」の声
  10. /nl/articles/2205/26/news140.jpg 「ドクターX」とのギャップがすごい! 米倉涼子、西田敏行との“ハグショット”に「大門先生と蛭間院長」「切り離せない仲」と反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響