ニュース
» 2022年03月25日 13時00分 公開

「殺処分を依頼して、笑顔で帰る飼い主がいる――」 高齢・病気の犬猫保護団体「フィリックス・アニマ」が支える命の現場(1/3 ページ)

動物保護団体「フィリックス・アニマ」に取材しました。

[k村,ねとらぼ]

 昨今、日本では保健所での犬猫殺処分への否定的な意見と、保護犬・猫への関心が高まっており、殺処分数は減少傾向、保護犬・猫の譲渡数は増加傾向を見せています。しかし、2020年4月1日〜2021年3月31日に殺処分された犬・猫の全国総数は2万3764匹と、今でも多くの犬と猫が保健所に持ち込まれ、殺処分されています。

※参照:環境省Webサイト「動物の愛護と適切な管理」

 保護犬・猫の譲渡についても、まず健康で幼齢の子犬や子猫に人気が集中。年齢を重ねるにつれ里親に引き取られる率は下がっていきます。では、病気や老齢の犬・猫たちが飼育放棄され保健所に持ち込まれたら――。その先には、「もらい手が見つからず殺処分」という厳しい現実が待ちかまえているのです。そんな、行き場をなくした犬・猫たちの命を守りたいという思いで活動する団体が長野県にあります。

 藤森由加里さんが代表を務める「フィリックス・アニマ」は、高齢やハンディキャップ・病気を抱える犬猫を中心に保護し、終生飼養する団体。原則譲渡は行わず、その命が旅立つときまで世話をしてみとっています。

 譲渡を行わないということは、犬・猫たちにかかる費用を最後まで全て負担するということ。多くの保護団体が、犬や猫を譲渡した際に受け取る譲渡金を運営費の一部に充てるのに対し、フィリックス・アニマはかかる費用全てを寄付金や助成金、物品援助、ボランティアたちの自己負担でカバーしているのです。

 今回編集部は代表の藤森さんに取材。活動のきっかけや、犬・猫たちの暮らし、団体の運営状況について聞きました。

「殺処分をゼロにしたい」という思いで、保健所に飛び込んだ

――活動を始めたきっかけを教えてください。

藤森さん:動物ボランティアをしていた両親の影響で、「保健所の殺処分をゼロにしたい」と思うようになりました。そこでまずは内情を知り課題を見つけて解決しなければと、保健所の現場に飛び込んだんです。

 保健所職員として働く間、理由なく殺処分される子をたくさん見ました。最初の年は、持ち込まれた内4匹しか引き取ることができませんでしたが、次の年は一生懸命譲渡したり、もらい手がいない子は自分で引き取ったりして、年間の殺処分が3匹で済んだんです。

 引き取った子たちはアパートや実家で飼育していましたが、それではとてもやっていけないと思い、シェルターの立ち上げを決めました。最初は1人で活動していましたが、父がもともと動物ボランティアをしていたので、両親がすごく協力してくれましたね。現在は10人のボランティアで運営しています。

――保健所職員としての日々はいかがでしたか。

藤森さん:殺処分を目の当たりにするのが非常につらく、きつかったです。どうしても里親が見つからず、私も引き取れず、殺処分された子は心臓が止まるまでずっと抱きかかえていました

 飼い主さんが「殺処分してください」と持ち込むのを見るのもつらかったですね。なかには、殺処分を依頼して笑顔で帰っていく人もいるんですよ。それを見るのも精神的につらかったです。

――笑顔で……。持ち込む理由はどんなものが多かったんでしょうか。

藤森さん:「飼い主が亡くなった」「自分が病気になって飼えない」「引っ越すから」「犬猫が病気になって面倒を見れない」などが多かったですね。

 理由を勝手にこじつけて連れてくる飼い主さんもいました。愛情不足なだけなのに、「この猫は狂暴なので処分してください」と。その子はうちで引き取って愛情をかけたら、全く狂暴じゃないことが分かったんですよ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響