ニュース
» 2022年03月30日 12時10分 公開

刃牙展に行くため自作した「刃牙帯」が地上最強ッッ!! 勇次郎の開脚や花山薫の侠客立ちなど名場面ぎっしり(1/2 ページ)

絶妙なチョイスや製作の苦労について、作者に聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東京ドームシティで4月17日まで開催の「地上最強刃牙展ッ!」(関連記事)へ着ていく和服用にと、「刃牙帯」を自作した『刃牙』シリーズファンが話題です。正面も背中も名場面が満載ッ!

刃牙帯 刃牙の側にオーガのごとく背中を誇る和装の女性が1人。帯をよく見ると……?
刃牙帯 帯には徳川光成の「シンクロニシティ」をはじめ、名場面がぎっしり
刃牙帯 正面には開脚するオーガが……!

 作者のれい(@innocent_1031)さんは、この“痛帯”を自ら着用。正面には「範馬勇次郎の驚異的な股割り」、背面には「最凶死刑囚編で『シンクロニシティ』とつぶやく徳川光成」を中心に「愚地独歩の三戦(サンチン)」や「花山薫の侠客(おとこ)立ち」、「過激なドーピングの弊害で嘔吐するジャック・ハンマー」などをあしらった、歩く名場面集のような装いで刃牙展を満喫しました。めっちゃ楽しそう……!

 製作には布描き用のペンを使用。白い布にカーボン紙で下絵を転写してからペンで清書し、帯の芯と接着して縫い合わせたそうです。

 つわものたちの姿を背負った和装は、れいさんの友人によるツイートも手伝って広く拡散。「愛に満ちあふれている」「ジャックの扱いに笑う」「まさに地上最強の帯ッッ!!!!」などと好評を博しました。

 編集部はれいさんに、帯製作のきっかけや苦労など詳細を聞きました。

―― 刃牙帯を作ろうと思ったきっかけを教えてください

れいさん Twitterの着物好きオタク界隈(かいわい)で帯を自作してる人を知り、「作れるんだ…!」と分かったときです。ちょうどバキ展に合わせて気合い入れて着物を着ようとしていたところに、久々の東京だしせっかく行くなら……と熱意があふれました。

―― 帯に載せたキャラやシーンのチョイスについて、こだわった部分を教えてください

れいさん  デザインを考えるとき、侠客立ちフルカラーや愚地克巳詰め合わせ、名シーン詰め合わせなど、案はいくつかありました。ただ、バキの名シーンは「強くなりたくば喰らえ!!!」など文字入りのものが多いですし、組み合わせたらごちゃごちゃするなと思い、絵だけで何のシーンか分かり、かつ有名なところを選んでいます。そんな条件だったので、烈海王は外れてしまいました。また、東京に行くので「シンクロニシティ」は外せないと思い、徳川じっちゃんセンターは確定で、あとは好きなキャラと絵のバランスを考えながら選びました!

―― 苦労したのはどの部分ですか

れいさん 裁断と柄出しの配置です。長さと配置を間違えると綺麗に着れなかったり、長さが足りなくなるので、完成から逆算して作るのが大変でした。帯を自作している人のYouTubeやWebサイトを何度も見て作りました。

―― 刃牙で一番好きなキャラは誰ですか?

れいさん 愚地克巳ですッ!!!!

刃牙帯 最推しの愚地克巳とれいさん

画像提供:れい(@innocent_1031)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響