ニュース
» 2022年03月31日 14時30分 公開

一度泊まれば一生自慢できるぞ! 旧任天堂本社に泊まれるホテル「丸福樓」がついに開業、一足早く内部をレポート(1/3 ページ)

モダンで豪華な空間を堪能できます。

[しげる,ねとらぼ]
この建物、旧任天堂本社で現在はホテルなんです

 京都にある、任天堂の旧本社社屋。建造から90年近くが経つこの建物が、4月1日にホテル「丸福樓」としてオープンします。アール・デコ全盛期のデザインがギッチギチに詰まったこのレトロなホテルの、マスコミ向け内覧会に行ってきました。

 1889年、山内房次郎はかるたや花札の製造販売を手がける会社として「山内房次郎商店」を創業。1947年には屋号を変更し、現在の任天堂の前身である「丸福株式会社」を設立しました。さらに1950年には「任天堂かるた株式会社」に商号を変更。丸福樓が立つのは、この山内家が商売を始めた京都の鍵屋町です。ちょうど高瀬川と鴨川の間あたりの立地で、最寄駅は京阪電車の七条駅ですが、京都駅からも歩いてアクセスできる距離です。

正面玄関は左右の旗が目印です
入口左右には「山内任天堂」の銘板が
左が山内家の住居だった「ハート」棟、右が倉庫だった「クラブ」棟
中央のグレーの建物が新築の「ダイヤ」棟です

 この丸福樓を開業・運営するのは東京を拠点とするホテルマネジメント会社のPlan・Do・See。なので、現在の任天堂が運営しているホテルではありません。しかし丸福樓の建物は1930年代から1950年代にかけて実際に任天堂の本社社屋や倉庫だったもので、また当時3棟あった建物のうち中央の1棟は山内家の住居として長く使われていました。ホテルとして開業するにあたり、1棟目と2棟目の間に安藤忠雄設計の新棟を建設。任天堂の看板商品だったトランプにちなみ、入り口側から順に「スペード」「ダイヤ」「ハート」「クラブ」の4つの建物名がつけられています。

山内家のライブラリーが入った「スペード」棟

エントランスを入ると、かつては受付だったらしいスペースが
時計の下にくっついている、タイムカードの刻印機
エントランス付近。とにかくタイルの色味や配置がイケてる
壁の窓にもいちいち装飾が。タイルの角が四角く欠けてるのも芸が細かい〜
柱にもこういう感じで装飾が。マジモンのアール・デコだ……!
天井も手抜きがありません
照明もいちいち凝っている
おそらく地下室の採光用であろう、ガラス張りの床面
窓にはまっているフェンスにも丸福マークが

 メインエントランスがある「スペード」棟は、任天堂の本社事務所があった建物。事務所らしく、入ってすぐに受付だったであろうスペース(現在はレセプションルームとして利用)があります。とにかく入口付近からモダンな雰囲気が濃厚。壁や柱に貼られたタイルや照明器具は当時のままとなっており、また社員の出退勤を管理していた時計もそのまま置かれています。

「へ〜、このホテルの模型か〜」と近づいたら……
レゴやんけ

 このエントランスの脇がラウンジになっているんですが、そこにはなにやら精巧な丸福樓の模型が……。と思って近づいて見たら、なんとレゴでできとる。よくまあこんな色味と形がドンピシャのパーツがあるもんだと感心していたんですが、これは日本人唯一のレゴ認定プロビルダーである三井淳平さんの作品なんだそうです。そりゃうまいわけですわ……。

こちらがライブラリーの「dNa」
なんか頭が良さそうな本がたくさんあるぞ!
山内溥氏のエピソードに由来する片目の達磨
こちらは山内家に届いた手紙
小坂学氏の制作したケント紙製のファミコン

 この「スペード」棟の2階には、山内家の資産を背景に活動するYamauchi-No.10 Family Officeが企画したライブラリーdNaが設置されています。このライブラリーには任天堂の理念が表現されており、山内家宛ての手紙やRhizomatiks制作の花札を題材にした映像作品、山内溥氏が飾っていた片目の達磨に着想を得た達磨、美術作家の小坂学氏が制作したケント紙製のファミリーコンピュータ(関連記事)などを陳列。

前に立った人によって絵柄が変わるインタラクティブアート。左は山内家の山内万丈氏
ライブラリーの横の部屋はバーになってます

 さらにライブラリーの出入り口には作品内に潜り込めるインタラクティブアートや、隣室にはバーも用意。宿泊者による利用のほか、将来的にはこのライブラリーを利用したイベントなども開催する予定とのこと。天井が鏡になっている部屋なので、夜間に入ると展示物や棚の光が反射してすごいことになるようです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声