ニュース
» 2022年03月31日 15時20分 公開

【追記あり】「ウテナ」「ピンドラ」の幾原監督が突然の改名発表(1/2 ページ)

【追記】幾原監督が本件について謝罪。文末に追記しました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」などで知られる幾原邦彦監督が3月31日、“ボンソワール幾原”に改名したことを報告しました。

※文末に幾原監督の謝罪について追記しています

幾原監督のツイート(※現在は削除済み)

 幾原さんは30日夜に、「突然ですが改名します。色々考えましたが自分に正直に生きることにしました」と告知。発表時刻として予告されていた31日0時に、ファンが固唾を飲んで見守る中で新名称を披露しました。

 「ボンソワール(bonsoir)」とはフランス語で「こんばんは」の意。作中での奇抜なネーミングを彷彿(ほうふつ)とさせる、ある意味“らしさ”の光る名前ですが、意表を付いた発表に混乱するファンが多発。幾原監督が旧名に由来する「イクニ」の愛称でも親しまれていたことから、今後どのような愛称で呼ぶべきかと悩むファンの姿も見受けられました。

 また、思わせぶりな前フリがあったことや、3月31日が「国際トランスジェンダー可視化の日」であることなどから、発表内容を「冗談」だと受け取った人の中には、幾原監督の振る舞いをクィア・ベイティング(※)的だと批判する声も見られました。

(※自身がLGBTQ当事者であるかのようにほのめかしたりして、利益を得ようとする行為)

 ただし、新名称は中性的なネーミングでもあり、発表前に「この発表によって、色々なものを失うことになると思いますが覚悟の上です。制作中の作品関係者各位にも迷惑をかけてしまうことになり、そこは葛藤したのですが、偽りなく生きることを選びます」と並々ならぬ覚悟を伺わせていたことを踏まえると、現時点で断定的なことは言いづらいようにも思えます。

追記(4月2日22時25分)

 幾原さんは4月2日、3月31日に投稿した「改名」ツイートを巡る批判を受けて、自身のTwitterアカウント上で謝罪しました。

 幾原さんは3月31日17時ごろ、“ボンソワール幾原”名義で参加するCDアルバムを発表。これにより、当初挙がっていた「クィア・ベイティング的である」との指摘に加え、「PR目的だったのか」との批判も集める事態となっていました。

 幾原さんは4月2日の謝罪で、「告知ツィートのタイミングに、思慮が足らず、誤解を招き、多くの方を動揺させ、また心を傷つけてしまったことを後になり知りました。そうなることを想像できませんでした。取り返しのつかないことですが、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。

 告知のタイミングはアルバム情報の解禁日に合わせたという以上の意図はなかったとした上で、問題視された告知ツイートの文言もアルバムの収録曲「君の青春は輝いているか」に含まれる「本当の自分を隠してはいないか」との歌詞を引用したものだったことを明かしました。

※追記にあたり記事内の表現を一部修正しました

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響