ニュース
» 2022年04月02日 15時30分 公開

伝説のふろく付き科学書籍『学研の科学』が復活! 第1号は「水素エネルギーロケット」がふろく(1/2 ページ)

休刊から10年以上を経て、2022年夏についに復刊……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 ふろく付きの科学書籍『学研の科学』が復刊。学研プラスから7月7日に創刊号が発売します。第1弾のテーマは「水素エネルギー」と「宇宙」で、キットは「水素エネルギーロケット」です。価格は2970円。

学研の科学 復刊 創刊号 水素 燃料 ロケット 『学研の科学 水素エネルギーロケット』(学研プラス)

 新しい『学研の科学』では、目玉となる実験キット(ふろく)、本誌、さらに当時の子どもたちから熱い支持を集めた学習まんが「ひみつシリーズ」に加えて、オンラインコミュニティでのワークショップやイベントもセットで科学体験を届けます。

 今回の実験キット「水素エネルギーロケット」は、電池を使わずに手回しで発電し、水からつくった水素を爆発させて飛ばすロケット。爆発は発射管の中だけで起こる安全設計で、自分の手で試行錯誤して飛ばす感動を味わえます。

学研の科学 復刊 創刊号 水素 燃料 ロケット 創刊号の実験キット「水素エネルギーロケット」

 スマホやPCからアクセスできるオンラインコミュニティサイト「学研の科学 あそぶんだ研究所」では、おうちからワークショップやイベントに参加。また不思議に思ったことを編集部に質問することも可能で、読者と編集部が直接つながれる場としてスタートします。

 本誌では、遊び方や実験を紹介。創刊号では「本物のロケットの飛ぶ原理」や、「宇宙飛行士・若田光一さんのインタビュー」なども掲載しています。

 1963年から“ふろく付き学年誌”としてスタートした『1年〜6年の科学』。最盛期には、同じく小学生向けの学習雑誌『学習』と合わせて670万部という驚異的な発行部数を記録しました。その後、少子化による児童数の減少などによる部数減を理由として、2010年に惜しまれつつ休刊となりました。

 同社は、今の時代も、自ら新しい価値を見つけていく力が必要になるとして、「手探りで問いに向き合い、試行錯誤して答えを見つけていく科学教材」である同誌を、子どもたち自身の手で新しい未来を作っていくことを願って復刊するとしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響