ニュース
» 2022年04月04日 19時30分 公開

【実物レビュー】『mini』5月号のふろくは「スヌーピーのカラーコスメ4色セット」 コスパ最強の春色マスカラ&アイライナーをレビューします(1/2 ページ)

その日の気分で使い分けたい。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 雑誌『mini(ミニ)』5月号のふろくは「スヌーピーと仲間たち オリジナルカラーマスカラ&カラーライナー4色セット」。トレンドが続く目元のカラーメイクに気軽に挑戦できるコスメセットを、実際に使用してレビューします。

mini5月号ふろくレビュー スヌーピーのイラストが入ったマスカラとアイライナーの4点セットです

 宝島社の女性ファッション誌『mini』5月号(980円)が発売されました。「愛こそすべて!!!」がテーマの今号では、AKB48の本田仁美さんやYouTuberの古川優香さんら話題のインフルエンサーが“偏愛”するファッションアイテムのコレクションや、メンズ・レディースを問わずにカップルで洋服や小物をシェアする15日間の着回し特集などが掲載されています。

mini5月号ふろくレビュー 「愛こそすべて!!!」がテーマのmini5月号

 ふろくは、メイクアップアーティストの河嶋希さんが監修した、カラーマスカラとカラーライナーの4点セット。スヌーピーと仲間たちのフェースイラストが入った、かわいいボトルデザインにときめきます。

 カラーマスカラのラインアップは、目元をぱっと華やかに見せてくれるコットンピンク、ミルキーな発色のナッツベージュ、深みのあるくすみカラーで使いやすいデニムブルーの3色。いずれも春らしさを感じられる優しい色合いです。

mini5月号ふろくレビュー 左からカラーマスカラ(デニムブルー、ナッツベージュ、コットンピンク)、カラーライナー(ミルキーマロン)

 マスカラのブラシは幅約1センチほどと小さめですが、毛の密度が高く液含みは良好です。その分ベトッとついてしまいがちなので、ボトルの先で余分な液をよくしごき、まつ毛を優しくなでるように塗ると均一にきれいに仕上がりました。

 発色は3色とも申し分なく、ラフにささっと塗ればナチュラルに、しっかり2度塗りすれば個性的な目元に仕上がります。ただ、まつ毛を長く見せる効果やカールキープ力はほとんど感じられなかったため、事前に繊維入りのマスカラ下地を仕込んでおくのが良さそうです。

mini5月号ふろくレビュー 市販のマスカラ下地を塗ったあとでナッツベージュのマスカラを一度塗りしてみました

 スヌーピーのイラストが入ったカラーライナーの色名は、ミルキーマロン。肌なじみの良いベージュカラーです。バーガンディやネイビーといった定番の濃色カラーアイライナーとは異なり、色自体の主張は控えめながらもまばたきの印象がガラリと変わる、かわいらしい色でした。

 筆先は細くてコシがあり、狙い通りのラインを描きやすい形状です。ただ、液がかなりシャバシャバなので、描く前に一度手の甲で試し描きをしないとベットリついてしまうのが気になりました。

mini5月号ふろくレビュー 細くも太くも書きやすい筆でした

 しっかり量を調節してから上瞼の目尻に長めに引くと、まるで目元に羽が生えたように軽やかな印象に仕上がり、とても気に入りました。下瞼の目頭側に引いてハイライトにしたり、二重まぶたの人は二重の線を延長したり、さまざまな取り入れ方ができそう。春メイクでいろいろ試してみようと思います。

 『mini』5月号には、とじ込みで「付録コスメ使いこなしBOOK」がついているため、まだカラーメイクになじみのない人や使いこなし方法を知りたい人も安心。980円でスヌーピーの春らしいコスメが4つもそろう、コスパ抜群のふろくでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響