ニュース
» 2022年04月09日 16時36分 公開

タピオカミルクティーを「キャッサバを掘るところ」から始めて完成させてしまった人に「すごい」「野生のTOKIO」と称賛集まる(1/2 ページ)

もちもちで美味しかったそうです。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 タピオカミルクティーを、タピオカの原料であるキャッサバを収穫するところから作ったというツイートが「すごい」と注目を集めています。

手作りタピオカミルクティ 桜とタピオカミルクティ。ただのお花見かと思いきや……

 投稿者は茨城県在住の、大学で農業を学ぶてるてる(@teruterurururu_)さん。「東京のJKだった大学生、3年間の茨城生活を経てキャッサバを掘るところからタピオカミルクティーを完成させてしまう」というコメントとともに、自作のタピオカやキャッサバの収穫の様子、キャッサバから作った粉の写真をツイートしています。

手作りタピオカミルクティ 大きな分類では芋の仲間のキャッサバ。太く育った根を収穫します
手作りタピオカミルクティ 収穫したキャッサバから作った粉
手作りタピオカミルクティ 味付け中のタピオカ

 てるてるさんのTwitterでは他にも、日本では珍しいキャッサバの木と並んで撮った写真や、キャッサバをミキサーで砕き、水に浸してでんぷんを作る様子の写真、味付け中の写真も投稿されており、タピオカを作る工程をダイジェストで見られます。

 てるてるさんによると、収穫したキャッサバは大学の実習で栽培したものではなく、学外での活動で知り合った人が栽培していたもの。完成までの工程で最も難しかったのは、粉からタピオカを作るところだったそうです。ネットで見つけた市販のタピオカ粉を使ったレシピを参考に試作すると、粉の性質が異なるのか固まらずスライム状になってしまったとか。

 試行錯誤の末にタピオカを完成させたてるてるさんには、「すごい!」「アッパレとしか言えんわ」と賞賛の声が多数。また、「新時代のTOKIO現る」「1人鉄腕DASH」と、収穫から調理まで行ったことについて、日テレの「ザ!鉄腕DASH」に重ねる人も多くみられました。また、キャッサバの背の高さやタピオカを作る大変さを知ることができたという人も。

 熱帯のアジア、アフリカ中南米で栽培され、食用とされてきたキャッサバですが、現在、日本での苗の入手は難しくないようです。ただし、タピオカ作りにチャレンジしたい人は、てるてるさんのツイートにあるように、毒性の強い種類のものとそうでないものがあり、毒抜き処理なしでは食べられない種類のものがあるということを知っておく必要があります(農畜産業振興機構より)。

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声