ニュース
» 2022年04月13日 16時04分 公開

文教堂書店赤坂店が6月で閉店へ 赤坂駅周辺から書店が(ほぼ)なくなる事態に(1/2 ページ)

再開発に伴うビルの建て替えのため。

[ねとらぼ]

 東京・赤坂にあった書店「文教堂書店赤坂店」が、ビル建て替えのため6月17日で閉店することが分かりました。これで赤坂駅周辺の書店は実質ほぼ“全滅”となり(※)、利用者からは「非常に残念」といった声があがっています。

文教堂赤坂店閉店 赤坂店外観(店舗ページより)

 4月11日に同店の公式Twitterで告知されたもので、閉店の理由については、赤坂ニ・六丁目地区の再開発計画に伴い、現在入っているビルが建て替えとなるためとのこと。また閉店のお知らせと併せて、ツイートでは近辺の書店事情についても言及。近辺ではこの1年ほどの間に書店の閉店が相次いでおり、加えてさらに同店も閉店となると赤坂駅周辺から書店が全てなくなってしまうそうです。

 こうした状況を受けて、ツイートでは「書店という業態は世の中に街に必要とされなくなっているのだろうか?」「志半ばで去らなくてはいけなくなりました」といった、閉店のお知らせとしては珍しい“嘆き”も。そのうえで「またこの地に戻って来る。この気持ちを胸に日々精進いたします」とコメントしています。

 Twitterではこのツイートを受け、「非常に残念」「オアシスが……」と悲しむ声も多数。また中には「また戻られることを切に願っています」と復活を望む声もみられました。


【※4月15日追記】ツイート文面に合わせて、当初「書店がなくなる」「実質“全滅”」といった書き方をしていましたが、読者より「双子のライオン堂」(赤坂駅徒歩5分)があるとの指摘を複数いただいたため、表現を修正いたしました。

 

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響