ニュース
» 2022年04月15日 07時30分 公開

もし「運命の赤い糸」が目に見えたら…… お見合い結婚の老夫婦が“運命の人”を知る漫画に「尊い」「泣いた」と感動の声(1/2 ページ)

見たいような、見るのが怖いような。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 「運命の赤い糸」が見える世界で暮らす老夫婦の漫画がTwitterに投稿され、4月11日現在1万7000件のリツイートと7万3000件のいいねを集めて話題になっています。

運命の相手同士に赤い糸が見える世界での、夫婦の話

運命の糸が見える世界 運命の相手とつながる糸が見えるといる「赤い糸症候群」
運命の糸が見える世界 お守りを扱う神社は大人気に

 数年前から症例が報告されるようになったという「赤い糸症候群」とは、自分の運命の相手とつながる赤い糸が見えるようになる症状のこと。赤い糸は他人のものは見えず、自分と相手にしか視認できないという不思議な現象です。

 赤い糸が見えるという占い師は予約まで3年待ちの人気を集め、お参りしたりお守りを購入すると赤い糸が見えるようになるという神社には、若い女性の行列ができています。

運命の糸が見える世界 テレビを見ている夫婦ですが
運命の糸が見える世界 夫はそっけない反応です

 大盛り上がりの神社の様子をテレビで見ていたのは、長年連れ添った老夫婦。妻は「赤い糸」が気になるようですが、夫はそっけない反応のまま先に就寝してしまいました。

運命の糸が見える世界 この夫婦はお見合い結婚
運命の糸が見える世界 子どもを産んで育て、仕事に行く夫を見送ってきました
運命の糸が見える世界 お見合い結婚では「運命の赤い糸」は難しい?

 茶の間に1人残された妻は、自らの結婚生活を振り返ります。親戚に勧められたお見合いで結婚した妻は、子どもを産んで育て、仕事に行く夫を見送り、家を守る“ふつうの人生”をこれまで送ってきたのでした。そんな人生を振り返り、情熱的な恋愛結婚ではなくお見合い結婚だった自分たちには「運命の赤い糸」はつながっていないのかもしれない……と考えます。

運命の糸が見える世界 1人で散歩に出掛ける夫
運命の糸が見える世界 買い物に出た妻は話題の神社の前を通りかかります

 翌朝、散歩に行くという夫は、一緒に行こうとする妻を遮り、1人で出かけていきました。その後1人で買い物に出た妻が通りかかったのは、前日テレビで見た神社。うわさ通り、長い列ができています。

運命の糸が見える世界 赤い糸があるなら見てみたいと思う妻
運命の糸が見える世界 家に戻ると門が開いたまま
運命の糸が見える世界 お守りを持った夫が倒れていました

 運命の赤い糸があるなら見てみたい……と考えながら帰宅する妻。すると、家の門が開いたままになっていました。夫が閉め忘れてしまったのかと妻が中をのぞくと、そこには例のお守りを持った夫が倒れていたのです。

運命の糸が見える世界 病院に運ばれた夫
運命の糸が見える世界 妻が見たかったのは夫とつながっている赤い糸でした

 夫が運ばれた病院で消沈する妻は「赤い糸を見てみたい」という自分の気持ちが夫にお見通しだったことに気付きます。しかし、夫は妻の本当の気持ちまでわかっていたのでしょうか。妻が見たかったのは、自分の赤い糸ではなく、夫につながっている赤い糸=運命の人だったのです……。

 夫が買ってくれたお守りを手にし、自身の赤い糸が見えるようになった妻。果たしてその糸の先は誰につながっていたのでしょうか。気になる続きは、漫画の作者・かねもと(@kanemoto_notice)さんのTwitterで読むことができます(透かしなし+おまけマンガは「pixivFANBOX」で支援者向けに公開中です)。

 かねもとさんは「週刊スピリッツ」で連載中の『私の息子が異世界転生したっぽいフルver.(小学館)』の原作も担当。単行本も販売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響