ニュース
» 2022年04月15日 20時30分 公開

少女が卵を温める、イヤな予感しかしない北欧ホラー映画「ハッチング―孵化―」 最大の恐怖は息の詰まる“理想的な家族”(1/3 ページ)

ホラー版「ドラえもん のび太の恐竜」だった。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 タイトルやビジュアルから「イヤな予感しかしない」と思ったあなたは、大正解だ。何がって、4月15日より公開されている、フィンランド製ホラー映画「ハッチング―孵化―」のことである。

フィンランド製ホラー映画「ハッチング―孵化―」レビュー 最大の恐怖は、普遍的な家族の問題であること。 「ハッチング―孵化―」4月15日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他にて全国順次公開 (C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

 実際に見てみると、大方の予想を超えて良い意味でしっかりイヤな気分にさせてくれる上に、日本人にとっても全くもって他人事ではない、身近な恐怖を鮮烈かつねっとりと描いてくれる秀作だった。さらなる魅力を記していこう。

「ハッチング―孵化―」予告編

少女の気持ちが卵の大きさとシンクロする恐怖

 あらすじは単純明快、「12歳の少女が、森の中にあった卵を持ち帰り、家族に隠れてベッドで温め始める」というものだ、子どもがこっそりと卵を孵化させようとする様は、まるで「ドラえもん のび太の恐竜」のようでもある。

フィンランド製ホラー映画「ハッチング―孵化―」レビュー 最大の恐怖は、普遍的な家族の問題であること。 (C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

 この「隠し続けた卵が異常に巨大化していく」ことが、思春期手前の少女の心情につながっているように見えることが重要だ。

 何しろ、彼女は体操選手として日々練習に励み、かつての母がかなえられなかった夢を背負い続けるという、「母が望む通りの娘の姿でいようする」プレッシャーを抱えている。つまり、少女の押さえつけていた自意識、転じて反抗期だからこそ蓄積されていた不満が、卵の大きさにシンクロしているように映るのだ。

理想的な家族の動画を配信するグロテスクさ

 娘の気持ちをちっとも顧みようとしない母の生きがいが、「笑顔に満ちた幸せな家族の日常を動画で発信すること」というのも意味深だ。

フィンランド製ホラー映画「ハッチング―孵化―」レビュー 最大の恐怖は、普遍的な家族の問題であること。 (C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

 劇中では「心の闇」そのもののような恐ろしい画がいくつもあるが、実は劇中でもっともグロテスクなのは、この母親が配信する、過剰に加工し、汚いものを排除し、美しく理想的なものだけを取り出した、「絵に描いたような幸せな家族」の映像なのではないかとすら思わせる。

 本作の物語を子育てのメタファーだと考えると、より分かりやすい。子どもに重いプレッシャーを与えたり、表向きには何も問題のない家族として振る舞ったりすることで、子どもの暗い感情や切実な気持ちに気付けずに、より大きな問題を家庭に呼び込んでしまうのは、世界中のどんな家族にとっても他人事ではないだろう。巨大化する卵というファンタジーが根底にありながらも、描かれているのは普遍的な家族の問題そのものなのだ。

フィンランド製ホラー映画「ハッチング―孵化―」レビュー 最大の恐怖は、普遍的な家族の問題であること。 (C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

 そして、ここまで書いてきたことは、あくまで「卵がかえるまで」であり、まだまだ映画全体の4分の1程度。その後はネタバレ厳禁の予想外の展開の連続であり、「翻弄される恐怖」も存分に味わえる内容となっていた。「どこに行き着くのか」という物語の着地点は序盤こそ不明瞭に思われるかもしれないが、終わってみれば「なるほど」と納得できる方も多いだろう。

圧巻の俳優の熱演とビジュアル

 本作は、その特異な設定に大きな説得力を持たせる、俳優の熱演と、こだわりのビジュアルも素晴らしい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響