ニュース
» 2022年04月15日 19時23分 公開

本物の犬だと思った……! 人間が犬になれる着ぐるみがリアルすぎて話題 制作スタジオに話を聞いた(1/2 ページ)

本物の犬だと思ってしまった人も。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 「動物になってみたいという夢を叶えることができました!」。そんなコメントとともに、リアルなコリー犬の着ぐるみが動く様子の動画がTwitterに投稿され、大きな反響を呼んでいます。え、これ本物の犬じゃないの……?

犬の造型スーツ フワフワのコリー犬が……
犬の造型スーツ ごろん! と横倒しになって、
犬の造型スーツ あれ? こちらに向かって手を振っている!!??

 コリー犬そっくりの着ぐるみは、四本足で立ち、口を開け閉めしたり、横倒しになったり。犬のような動きをしたかと思えば、カメラ目線で口を動かしたり、手を振ったりと、動画を見ていると何とも不思議な気持ちになります。

こちらの動画では、お手・お代わり、お座り、四足歩行が見られます。

 投稿者であるトコ(@toco_eevee)さんは、「映像制作会社ブラスト」が運営する「特殊造型スタジオ ゼペット(Zeppet)」(以下、ゼペット)に依頼し、着ぐるみこと「犬の造型スーツ」を作ってもらったとのこと。

 ゼペットでは、動物や虫など実際に存在するものや、想像上の生き物、ロボットをリアルに表現する特殊造形や、本物の動物のように動くロボット、アニマトロニクスなどを手掛けています。今回の犬型スーツは40日間かけて制作したもので、お値段は200万円から(※犬種やサイズにより変動)。

 編集部では、ゼペットに特殊造型づくりのこだわりなどを聞いてみました。

――リアルな動物を作る依頼はよく来ますか

ゼペット 動物制作の機会はとても多く、さまざまな種類の動物を制作しています。着ぐるみだけではなく、リアルな動物マスクやパペットなども作ります。映画、CM、TVなど法人に留まらず、個人からの依頼もあります。ゼペットの制作物の中でも得意ジャンルの一つです。

犬の造型スーツ すやすや眠るシロクマの親子。これももしや特殊造形?
犬の造型スーツ お鼻がしっとり。本物みたいです

 一例としては、「ANIMALS AS ART」という、実物大のシロクマ親子の造型美術品があります。剥製とは異なり、最新の特殊造型技術で、毛素材や爪、歯等の硬質素材、触れた時の質感まで徹底的にリアルなクオリティーを追求して制作しています。価格は約1400万円と、高級美術品ほどの価値のある逸品です。

犬の造型スーツ 尖った歯や歯茎の色もリアル
犬の造型スーツ 鋭い爪に、雪の上を歩く、硬そうな肉球
犬の造型スーツ 豊かな知識・高い技術を持ったクリエイターが、一体一体手作り

――個人からの特殊造形の依頼は多いですか

ゼペット 映画やCM用の造型物といった法人様からのご依頼が多いですが、個人様からのオーダーも承っています。自社企画である「クローンワンコ」は究極の個人オーダーメイド製品で、亡くなった愛犬をそっくりに再現する造型美術品です。

犬の造型スーツ どちらが本物のプードルで、どちらが「クローンワンコ」でしょうか
犬の造型スーツ 正解は、左が本物のプードル、右が「クローンワンコ」でした!
犬の造型スーツ これも人の手で作られているというのが信じられない……

 シロクマ親子と同様に長年培った弊社の特殊造形技術が随所に発揮されていて、ご依頼主様にも大変喜ばれています。

犬の造型スーツ ふわっとした毛並みや、長いまつげも
犬の造型スーツ 柔らかそうなお腹も再現!

――今回の犬の造型スーツについて、技術的にこだわった点を教えてください

ゼペット 人間の骨格の上に、犬の骨格を再現できる様にした点です。人間と犬では骨格の構造が大きく異なるため、どのようにすれば「犬」に見えるかについては、特に時間をかけて検討を重ねました。

犬の造型スーツ コリー犬特有の長い顔
犬の造型スーツ 4本足で立っている様子
犬の造型スーツ お座りしている時も、自然!

 また、コリーの美しい毛並みを再現できるよう、いろいろな角度から撮影された写真を集め、自然な毛並みになるよう工夫しています。

犬の造型スーツ 首回り、背中、お腹……体を覆う毛も、場所ごとに風合いがちがって見えるのがリアルです
犬の造型スーツ 顔周りは短い毛、そしてヒゲも!

 SNS上の反響については「正直予想していなかったのでびっくりしてます」と回答したゼペット。しかし、企業(法人)からの依頼が多いということは、私たちは映画やテレビCMなどで知らないうちに制作物を目にしているのかもしれませんね。

 投稿には「すごい、リアル」、「すごくかわいくてすてきです!! なでなでしてみたいです」など、完成度を称える声が多数寄せられていました。また、「愛犬ではなくトコさん自身なのですか?!」、「おてて伸ばすところまで本物だと思ってた」と、本物の犬だと思ってしまった人も。さらに「Cool」、「Oh wow. Such a great suit」と海外からも注目も集めていました。

記事:谷町邦子 FacebookTwitter
動画提供:トコ(@toco_eevee)さん
(C)BLAST Inc.

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響