ニュース
» 2022年04月16日 14時00分 公開

展示は2台だけ、渋すぎるぞ「オートモビルカウンシル2022」のホンダブース かなりレアな「秘蔵モノ」も面白いオートモビルカウンシル2022(1/2 ページ)

「このイベントに来るということはこっち系が好きですよね?」という要素モリモリなのでした。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 旧車・ヘリテージカーの祭典「オートモビルカウンシル 2022」が千葉県・幕張メッセで2022年4月15日に開幕しました。今回は渋〜い「シビック50周年」をテーマにしたホンダブースの様子をお届けします。

オートモビルカウンシル2022のホンダブース 「シビック50年の歴史」を伝えるオートモビルカウンシル2022のホンダブース
オートモビルカウンシル2022のホンダブース 1972年に登場した初代シビック 初代シビックのレースカー「ヤマトシビック」 初代シビックのレースカー・ヤマトシビック 初代シビックのレースカー・ヤマトシビック シビック 初代〜2代目の「開発前デザインスケッチ」 初代シビックのレースカー・ヤマトシビック 初代シビックのレースカー・ヤマトシビック 初代シビックのレースカー・ヤマトシビック 初代シビックのレースカー・ヤマトシビック 歴代シビックの「開発前デザインスケッチ」 歴代シビックの「開発前デザインスケッチ」 歴代シビックの「開発前デザインスケッチ」 歴代シビックの「開発前デザインスケッチ」 歴代シビックの「開発前デザインスケッチ」

 ブースは一言「ひゃぁぁ。渋いのしか置いてねー」。展示する車両は「初代シビック」(1972年登場)と1970年代後半から80年代前半にかけてレースで活躍した通称「ヤマト シビック」の2台だけです。あ、一応、出し渋り……ではなく「かっこいいなー」の意味ですよ。

 シビックの歴史がテーマですから、新旧の対比として先日鈴鹿サーキットでFF車最速ラップタイムを更新した現行11代目(発売予定)の「シビック タイプR」(関連記事)なんかもあるのかなと思っていましたが、それは潔くスパーッと省略。タイプRは偽装柄ながら他の展示イベント(関連記事)で既に披露済みですし、今後もいろいろたくさん見る機会はあるでしょう。たぶん「このイベントに来る方は、そっちよりもこっち系が好きですよね?」ということなのです。

 シビックは1972年に登場、2022年7月に誕生50周年を迎えます。ホンダの四輪車で最も長い歴史がある車種です。世界みんなが乗るようなベーシックカーを目指し「市民の」の意味から名付けられました。当時世界で最も厳しいと言われた排ガス規制「通称:マスキー法」を世界で初めてクリアした「CVCCエンジン」の快挙とともに歴史が始まりました。

1972年に登場した初代シビック 1972年に登場した初代シビック

 ヤマト シビックは、クルマの研究開発に関わる本田技術研究所発の社内チーム「TEAM YAMATO」が富士グランチャンピオンレースの前座レースであるマイナーツーリングなどへの参戦を目的に、初代シビックをベースに作られたレースカーです。2代目シビックが製造を終える1984年まで活躍し、年間王座を2回獲得しました。TEAM YAMATOは現代もスーパー耐久レースなどに参戦し続けています。

初代シビックのレースカー「ヤマトシビック」 初代シビックベースのレースカー「ヤマト シビック」
初代シビックのレースカー・ヤマトシビック 車重600キロの軽量ボディーに、カリッカリにチューニングした最大150馬力を7800rpmで発生する1.3リッターNAの直4OHCエンジンを搭載していた。この車体に150馬力ってやべーと思います……
初代シビックのレースカー・ヤマトシビック トリコロールカラーに塗られたド派手なヘッドカバーがめっちゃいい

 車両とともに展示される写真やパネルも要チェックです。一見するとこの手の展示イベントブースにはよくあるスタイルですが、実は……旧来のシビック&シビック系派生車種のファンがグッと来るであろう要素を盛り込んでいます。

 展示写真には、ブースを担当したデザインチームのメンバーが国内外の倉庫、蔵庫を探し回ってやっとみつけたという、広報用アーカイブにも残っていなかった一般初公開となるお宝写真も何枚かあるようです。

 初代から最新11代目まで「シビックの歴史」を世代ずつにまとめたパネルは圧巻です。このパネルにあるイラストは開発を終えたら出番がなくなる「開発時のデザインスケッチ」。こちらもデザインチームの秘蔵モノを掘り出してきたそうです。

シビック 初代〜2代目の「開発前デザインスケッチ」 シビック 初代〜2代目の「開発前デザインスケッチ」

 「あれ、この世代から何だか米国西海岸のような雰囲気がほのかに香るようになったぞ」と感じるのは米国支社のデザインチームができたときに描かれたもの。「お、このあたりから手描きからCGになったぞ」という世代のもの。「何か見覚えがあるクルマだな。そうか、シビックではボツになったけれど、これがCR-Xになったのか。アコードエアロデッキっぽいのもあるな」……などというものまで。当時、開発時のこともよく知るデザイン担当/ブース説明員さんの話を聞くだけで楽しかった……!

 オートモビルカウンシル2022は千葉・幕張メッセで4月17日まで開催。2台のレジェンドシビック、ホンダの「シビック50周年特設サイト」とともに、シビックの渋い歴史を見に行ってみてはいかがでしょう。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響