ニュース
» 2022年04月26日 11時00分 公開

ゴールデンウィークに働いて好きな日を振替休日にする“GW選択制” 「どうせ休むなら空いている時期に」導入企業に話を聞いた

コロナ禍を受けて始まった、休暇のスケジュールを柔軟に組めるシステム。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ゴールデンウィーク中にあえて勤務し、代わりに好きな時期に代休を――。IT企業「basic」で、「GW選択制」というユニークな制度が導入されています。

basic 全従業員が、5月3日〜5日の休日を好きな時期に振り替えられる
basic basicはマーケティングツール「ferret One」やフォーム作成管理ツール「formrun」、Webマーケティングメディア「ferret」を展開

 GW選択制は、従業員が5月3日から5日までの休日に出勤する選択を許可するもの。あわせて、その分の振替休日は使用期限が12月末までに拡大されます。

 つまり、利用した従業員は、年内であれば休暇のタイミングを任意に設定可能。施設や交通が混雑しがちなゴールデンウィークを避けて、動きやすい時期に旅行や帰省をするといった休み方ができます。編集部は制度を導入した経緯やその効果について、同社の執行役員CAO、角田剛史さんに話を聞きました。

basic 角田剛史さん

 GW選択制が始まったきっかけは、2020年のコロナ禍による緊急事態宣言。その当時、従業員から「休みでありながら結局どこにも出かけられず、家でダラダラ過ごすことで逆にストレスが溜まる」との声が上がったといいます。

 これを受けて、角田さんは「どうせ休むなら外出もできるタイミングで休んでもらったほうが、支出観点で日本経済的にもプラスではないか」と考え、同制度を立案・実施。もともとの希望に応えた施策ということもあり、従業員の反応は良好とのことです。

 期間中に出勤を選択する日数はまちまちながら、従業員の約3分の1が同制度を利用。「『休まない』選択により、むしろワークライフバランスのメリハリが保てている従業員が多くいることが一番のメリット」と、角田さんは制度の手応えを語ります。

 GW選択制は好評を受けて毎年実施されており、今回で3年目。発端であったコロナ禍いかんにかかわらず、今後の継続を検討しているようで、角田さんは「一斉に長期休暇を取るのではなく、個々人の仕事や家庭の状況に応じた休暇の選択幅があることは、多様化が進む社会に見合った制度」だとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声