ニュース
» 2022年04月23日 19時00分 公開

一見ニッチな「親指だけのソックス」には深い意味があった……! 靴下の穴あき防止という用途に「もっと早く出会いたかった」の声(1/2 ページ)

ユーザーからの要望で誕生したパーツソックスです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 一見するとナゾな親指だけのソックスが、Twitterで「靴下の限界を攻めてるの!?」と投稿され注目を集めています。ユニークな見た目に隠れた実際の用途に「なるほど……!」となる“親指サック”について、開発した靴下屋にお話を伺いました。

Tabio 靴下屋 親指サック 靴下 穴 爪先 爪で破る 防止 靴下の限界を極めた……!? のではなく、靴下を穿く前に着用する便利アイテムです

 話題になったきっかけは、漫画家・瀧波ユカリさん(@takinamiyukari)がTwitterで「靴下屋どうしたの!? 靴下の限界を攻めてるの!? …と思ったら、『爪先を爪で破る人のための親指の指サック』だそうです」と紹介したこと。

 見た瞬間に衝撃を受けつつも、同時に、ニッチながら需要がありそうなアイデアに拍手を送っています。

 同商品は、Tabioが運営する靴下屋の「親指サック」で、2セット(4枚入り)でレディース/メンズ各550円。日本製。親指の爪が靴下に直接当たらないようにすることで、靴下に穴があきにくくなると紹介されています。

Tabio 靴下屋 親指サック 靴下 穴 爪先 爪で破る 防止 親指サックの着用例

 Twitterで靴下を守るためのパーツソックスというアイデアが拡散されると、「買うかこれ…靴下の親指付近、真っ先に薄くなるもんなぁ」「爪が上向きで靴下穴あくの早いので欲しい」「巻き爪人生で短くできないから、これは助かる」と、さまざまな理由で欲しいとの声が寄せられました。

 公式販売サイトの商品ページでも、「なんで今までなかったのか」「もっと早く出会いたかった」の声が多数寄せられており、実際に穴あき防止に役立っているとの声、爪を切りすぎないで良くなったとの声、また爪の保護のためや、よく動くので穴があきやすい子どもにも良いという声、また「着けていて心地良い」との意見もあります。

Tabio 靴下屋 親指サック 靴下 穴 爪先 爪で破る 防止 コットン親指サック「クロ」

 

Tabio 靴下屋 親指サック 靴下 穴 爪先 爪で破る 防止 コットン親指サック「ベージュ」

 そんな徐々に人気を呼んでいる「親指サック」が生まれたきっかけや反響について靴下屋に伺いました。

――親指の指サックはどのようなきっかけで開発されたのでしょうか?

 男性のお客様からの「親指の爪部分が靴下とあたり、破けてしまうので、指サックのような靴下を作ってほしい!」という問い合わせがきっかけで、創業者の号令で開発に動きました。

――販売してからはどうでしたか?

 親指のスプーンネイル(※爪がスプーン状に反り返った状態)により履物との摩擦で靴下に穴をあけてしまう方が多いため、その商品の特性を店頭でも紹介しながら販売しておりましたが、全く売れませんでした。

 オンラインサイトでしっかりと紹介を入れ販売したところ、ようやくぽつぽつと売れ始めました。今までつま先の5本指タイプはありましたが、女性からは「見た目が格好良くない」や「つま先部分が窮屈」という意見が寄せられたことから、親指のみの商品となりました

――売れ行きや購入者からの反響はいかがでしょうか?

 Twitterを見て店頭にお越しになられるお客様はだいぶ増えました。同じような悩みを抱えながら過ごされていたお客様が多くいらっしゃったんだなという事を実感しております

画像提供:Tabio 靴下屋

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news150.jpg 岡副麻希、愛車“ドラえもん号”をチラ見せ 夫の指導で「や〜っと! まっすぐ停められるように…笑」
  2. /nl/articles/2205/24/news195.jpg 華原朋美、プロメイクでの“劇的若返りショット”が驚き呼ぶ 「あの頃のともちゃん」「憧れていた華原朋美さんが蘇った!」
  3. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  4. /nl/articles/2205/24/news208.jpg 漫画家・冨樫義博さんがTwitter開設か 『ワンパンマン』村田雄介さんからの“本人確認”報告も
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/24/news141.jpg BIGBOSSに続くブーム到来? 日ハム、魅惑のチアパフォ「きつねダンス」に中毒者が続出する
  9. /nl/articles/2205/25/news092.jpg 佐田真由美、27年前の写真にセルフツッコミ「整形ばりに顔が違う」 ティーン時代のフレッシュな歌唱姿を公開
  10. /nl/articles/2205/24/news185.jpg 写真から人やモノを“一瞬”で消せるツールが「超便利」と話題に→実際にやってみたら本当に“一瞬”だった

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響