ニュース
» 2022年04月26日 13時33分 公開

「書店の文化を残すため」三省堂書店本店が一時閉店 “第二章”に向けた「巨大しおり」が話題(1/2 ページ)

ネットで買うのもいいけど書店で買うのもいいですよね。

[ケンゾー,ねとらぼ]

 2022年5月8日をもって一時閉店する三省堂書店本社・本店ビル(東京都千代田区)に掲出された巨大“しおり”が話題を集めています。書店の文化を未来に残すため、本店をリニューアルする“第二章”が始まる前の象徴として、しおりを選びました。

三省堂の写真 でっっっかい

 

 巨大“しおり”は、写真を見る限り4フロアにまたがるほどの大きさ。「いったん、しおりを挟みます」と書かれ、一時閉店はあくまで、ひとつの区切りであることを示しています。

三省堂の写真 あくまで「いったん」

 本店は、現店舗での閉店後、6月1日から千代田区神田小川町2-5(元・ヴィクトリアゴルフ御茶ノ水店ビル)で仮店舗の営業を開始する予定。新店舗は、2025年に再び本店ビルのあった場所で営業の開始を目指しています。

 同社は一時閉店にあたり、「100年先も、200年先も、書店という文化を残していきたい」「未来に書店を残すため、現状維持よりも、挑戦を選びます。もっとたくさんの人が、本と出会い、本を楽しめる場所に、生まれ変わってみせる。神保町本店の第二章に、どうぞご期待ください」とコメントしています。

三省堂の写真 一度見ると印象に残りますね(三省堂書店【公式】のTwitterアカウントより)

 この広告にネットでは、「最近はAmazonに押されてか、街の本屋がどんどん減るけど、ここは残って欲しいと思っていた。次に挟んだ栞のページを開く時には、また行きたい」「これからも三省堂のあかりを神保町にともし続けてほしい」と応援と感謝の声が寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響