ニュース
» 2022年04月28日 12時30分 公開

走るスイートルームだ……! 東武鉄道、特急スペーシア新型車両の内装デザインを発表 シートは全6種類(1/2 ページ)

絶対乗りたいやつ!

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 東武鉄道が、2023年に導入する特急スペーシアの新型車両「N100系」の内装とシートバリエーションを発表しました。

スペーシア N100系 東武鉄道が2023年に導入予定の新型車両「N100系」(画像:東武鉄道、以下同)
スペーシア N100系 スペーシア N100系 構成 スペーシア N100系 コックピットスイート スペーシア N100系 コンパートメント スペーシア N100系 コックピットラウンジ スペーシア N100系 カフェカウンター スペーシア N100系 プレミアムシート スペーシア N100系 プレミアムシート スペーシア N100系 スタンダードシート スペーシア N100系 スタンダードシート スペーシア N100系 ボックスシート
スペーシア N100系 構成 N100系には6種類の座席を用意

 新型車両には全6種類のシートバリエーションを用意します。

スペーシア N100系 コックピットスイート 「最上級のシート」とする6号車のコックピットスイート(定員7人)

 浅草方面の先頭となる6号車には、プライベートジェットをイメージした7人個室「コックピットスイート」を配置し、広い室内で前方と側面の展望を楽しめる最上級のシートとしています。

スペーシア N100系 コンパートメント 6号車のコンパートメント

 6号車には定員4人の「コンパートメント」も4室用意します。コの字型のソファと可変テーブルを採用し、乗車時の気分に合わせてテーブルのレイアウトを変更可能です。

スペーシア N100系 コックピットラウンジ 1号車のコックピットラウンジ
スペーシア N100系 カフェカウンター 1号車のカフェカウンター

 東武日光方面の先頭となる1号車には、カフェカウンターも併設する「コックピットラウンジ」(計20席)を設定。コンセプトは「時を超えるラウンジ」で、日光金谷ホテルや日光の大使館別荘をイメージしました。4人、2人、1人掛けのソファを用意し、さまざまなグループ形態に対応します。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響