ニュース
» 2022年04月30日 18時30分 公開

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー 30作目の節目だからこその集大成(1/3 ページ)

「先輩お母さん」のみさえがカッコ良かった。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 30作目の節目を迎えた「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」が公開中だ。本作は小さいお子さんでも飽きずに楽しめるおいしい展開をたくさん詰め込み、クレしんファンが良い意味で「ズルい!」と言いそうな感涙ポイントも用意している。何より、「クレしん映画が30周年にして30作目の節目を迎えたからこその転換点であり集大成」と心から思える内容となってる。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー 30作目の節目だからこその集大成 大ヒット上映中! (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

 GWに家族で見る映画のチョイスとしてはもちろん、クレしんファンにも安心しておすすめできる。事前に知っておく情報はこれだけでも十分ではあるが、さらなる魅力を記していこう。具体的なサプライズ要素は避けて書いたつもりだが、一部内容には触れているので、予備知識なしで見たい方は、先に劇場へ足を運んでほしい。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」予告

社会風刺が込められた忍びの里という舞台

 タイトルやメインビジュアルで分かる通り、今回のモチーフは「忍者」。世間と隔絶された「忍びの里」での冒険が描かれた作品であり、しんのすけは期せずして忍者の家系の息子の「ふり」をして、さらには世界滅亡の危機へと立ち向かうことになる。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー 30作目の節目だからこその集大成 (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

 まず、大人がハッとさせられるのは、この忍びの里の設定が社会風刺になっていることだろう。一家の主であるお父さんは息子の未来のためにも世界滅亡を防ぐ仕事をひたすらに続け、くノ一にまつわる描写からは男尊女卑的な思想もみて取れるし、今の長老は威張り散らして私利私欲に走る老害そのもの。情報が統制された閉鎖的な村社会で、長期に渡り蓄積された、通り一辺倒の保守的な価値観がまかり通っているというわけだ。

 橋本昌和監督は、パンフレットで「忍者って、耐え忍んだり、努力を積み重ねて修行をするイメージですけど、そういう忍者たちの世界をしんのすけがひっくり返すことができたら、ワクワクする話になる」と、忍者の世界を描こうとした理由について語っている。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー 30作目の節目だからこその集大成 (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

 しんのすけは型破りでめちゃくちゃだが、規範的な枠組みにとらわれない柔軟な思考の持ち主であり、だからこそ忍びの里に「変革」を起こす存在としての説得力も持たせている。同時に、2つの家族の描写をもって打ち出されたストレートな「家族愛」は、クレしん映画では定番といえるテーマでもある。つまり、忍者というモチーフは「クレしん映画でやる意義」があると同時に、家族愛を主軸にした「クレしん映画らしさ」にもつながっているというわけだ。


「忍者はカッコいい!」と心から思えるアクション

 前述したように忍びの里における価値観は通り一辺倒の保守的なものであるが、一方で「忍者ってめっちゃカッコいいぞ!」ということもストレートに描かれている。その証拠に、一緒に見た5歳と4歳のおいっこは、鑑賞直後にかくれんぼをしつつ「忍法隠れ身の術!」と言う(※隠れられていない)など、思いっきり影響を受けていた。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー 30作目の節目だからこその集大成 (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

 序盤の傀儡(操り人形)を使ったアクロバクティックなアクションはマンガ「からくりサーカス」を思わせて楽しいし、「屁爆弾」を武器とする敵忍者とのバトルに「知恵」を使う様も面白い。しんのすけと同年代のくノ一の女の子「風子」との潜入ミッションは19作目「嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」も思い起こすし、存分にワクワクできるだろう。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー 30作目の節目だからこその集大成 (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

 しかも、橋本監督が「パシフィック・リム」をイメージしたと明言している、とある見せ場も展開する。ネタバレになるので明言は避けるが、クライマックスも過去のクレしん映画にあった展開の「アップデート」に思えた。単に過去作でやったことの繰り返しや二番煎じにはせず、サービス精神満点のサプライズを込めていることも、本作の美点だろう。

 それらのアクションに加えて、もちろんクレしんらしいクスクスと笑えるコメディーセンスも絶好調。何より、大人も子どもも楽しめるエンタメ性抜群の内容になっていることに、「クレしん映画らしさ」をもっとも感じられるのではないか。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー 30作目の節目だからこその集大成 (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

「先輩お母さん」のみさえのカッコ良さ

 今回のゲストヒロインである屁祖隠(へそがくれ)ちよめに、みさえが「先輩お母さん」として大切なことを諭す場面も見どころになっている。橋本監督は27作目「新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」でみさえの捉え方が広がったとも語っており、今回もそちらと同様に、主体的に行動するカッコいい女性かつ母親としてのみさえの姿が描かれているのだ。

 ちよめは忍びの里で「誰かに助けを求めること」ができず、その息子の珍蔵(ちんぞう)ももののけに上手く変身できない悩みを抱えながら、自分の決まりきった未来を受け入れる「聞き分けの良い子」だった。それもまた保守的な価値観に染まった忍びの里で育ったがゆえの問題だったのだが、みさえやしんのすけと出会ったことで、彼女たちがどのようなことを学び、成長していくかにも、ぜひ注目してほしい。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー 30作目の節目だからこその集大成 (C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

 なお、橋本昌和監督は、野原一家が屁祖隠一家の価値観を変えていくことについて、「しんのすけは、常に変わらずにテレビシリーズの世界に戻っていくキャラクターなので、映画の中で大きく成長させることはできません。でも彼や彼の家族の良さを、彼らと関わった人たちが変わっていくことで表現することはできます」とも語っている。それは、クレしんという強固な土台のあるシリーズだからこその、誠実なアプローチだ。


「取り違え」があまり生かされないなどの不満も

 今回の「もののけニンジャ珍風伝」には、正直に言って不満もある。特に気になるのは物語の発端部分、「しんのすけがみさえとひろしの本当の子どもではない」と告げられる、映画『そして父になる』やマンガ『カッコウの許嫁』のような「赤ちゃんの取り違え」の設定だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声