ニュース
» 2022年05月05日 17時00分 公開

カラオケ店でミシンが使える「JOYSOUND」の新サービスが好評 異色の組み合わせ、なぜ生まれた?(1/2 ページ)

エクシングに話を聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カラオケルームにミシンを貸し出す、通信カラオケJOYSOUNDのサービスが便利だと注目を集めています。不思議な組み合わせのようにも思えますが、防音室で気兼ねなくミシンを使えるのは確かに合理的。運営社のエクシングに話を聞きました。

ミシン 室料とは別に1000円支払うだけで、ミシンやアイロン、はさみなどがセットで借りられます
ミシン 気分転換に歌うのもアリ

 こちらはJOYSOUND直営の池袋西口公園前店限定のサービス。通常のカラオケ室料(要ワンドリンクオーダー)に1000円足すだけで、カラオケルームでミシンを利用できます。

 貸出機材は、ブラザー工業のミシン「parie」のほか、アイロンとアイロンマット、布切りばさみと糸切りばさみ、チャコペン。利用者は材料や針などの消耗品を持参すればOKです。製作に打ち込みやすいうえ、気分転換に歌うのもアリ。

ミシン 刺しゅう機能も充実 JOYSOUNDのWebサイトより引用

 サービスの開始は2月下旬ですが、4月下旬に利用者のツイートが拡散。「着眼点がすごい」「広い机を使えるのはありがたい」「家族に内緒でコスプレ衣装を作る人向けに需要がありそう」と反響を呼び、広く周知されることとなりました。

 編集部はエクシングを取材し、企画の経緯を聞きました。

―― ミシンレンタルを始めたきっかけを教えてください

エクシング:コロナ禍でカラオケ業界が苦境に立たされるなか、当社ではカラオケルームで映画やアニメ、ライブ・ビューイングが楽しめる「みるハコ」サービスなど、「歌う」に留まらないカラオケルームの新たな活用法を提案してきました。本企画についても、音響設備が整った個室というカラオケならではの特性を生かし、ときには歌いながら、ときには好きなアーティストの映像を楽しみながら、「自分だけのアトリエのように製作を楽しんでいただきたい」という思いでスタートしました。

 「カラオケとミシン」は異色な組み合わせに思われるかもしれませんが、当社の親会社であるブラザー工業は家庭用ミシンの製造を行っています。今回は、ブラザー工業の販売子会社であるブラザー販売の協力を受けて実現したもので、グループシナジーを生かした企画だといえます。

 実は通信カラオケも、もともとブラザー工業が1986年に発売したPCソフト自動販売機「TAKERU(タケル)」の技術から生まれたものです。時期尚早でTAKERU自体はわずか300台ほど製造されただけで撤退となったものの、この技術をベースに新たな通信インフラを構築。これが通信カラオケに結びつき、今からちょうど30年前の1992年に「JOYSOUND」が誕生しました。


通信カラオケシステムJOYSOUNDができるまで

―― 利用者数や反響など、手応えはいかがでしょうか?

エクシング:サービス発表当初から多くの反響をいただいておりましたが、実際に利用された方の声がSNSで発信されるようになって以来利用者が急増し、現在では週4回以上のご利用をいただいております。池袋という立地上、コスプレを楽しまれるかたのほか、女子高生や主婦のかたなど幅広い層のお客様にご利用いただいています。

 当初は、2月25日から5月24日までの期間限定でしたが、好評につき3カ月の延長を決定しました。また、対象店舗も今後の状況によっては拡大することも検討しております。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響