ニュース
» 2022年05月04日 20時00分 公開

「SNS上での交友関係が豊かでも、現実世界でそうとは限らない」 中高年を対象にした調査で明らかに(1/2 ページ)

Facebookの友人数をもとに調査。

[関口雄太,ITmedia]

 「SNSの友達数がたくさんいたとしても、困ったときに助けてくれる友達の数が同様に多いわけではない」という研究結果を東京都健康長寿医療センター研究所が発表しました。

「SNS上での交友関係が豊かでも、現実世界でそうとは限らない」 SNS利用の中高年を対象にした調査で明らかに Facebook友人数が多いほど、困った時に助けてくれる友人が多いとは限らないという結果に

 研究では、中高年層が多く利用するSNS「趣味人倶楽部」の会員を対象に、Facebookの友人数と現実の交友関係の関係性を調査。Facebookで友達の数が多い人は、現実でも同じように豊かなつながりを持っているのか調べています。

 アンケートに答えた会員のうち、40歳以上でFacebookのアカウントを持つと回答した2320人を対象として、Facebookの友人数に応じた「実際に親密な付き合いをしている人の数」と「実際に困った時に助けてくれそうな人の数」を解析。

 すると、Facebookの友達数が500人以下の場合は、友人数が増えるにつれて、現実の「親密な付き合いの人」と「困った時に助けてくれそうな人」の数は増えています。しかし「困った時に助けてくれそうな人」に限っては、友達数500人で頭打ちに。友達数が500人以上でも、201〜500人の場合と同程度にとどまりました。

「SNS上での交友関係が豊かでも、現実世界でそうとは限らない」 SNS利用の中高年を対象にした調査で明らかに

 研究チームは「SNS上の友達が多くても、困った時に助けてくれるような実際に機能する相手は一部に限られてしまう」と推測しています。

 今回の研究は、コロナ禍でSNSの交流が急速に進んだが、現実世界の交友関係にどのような影響があるか明らかにすることを狙いとしています。研究チームが「現実のつながりを完全に代替できるものではない」と言及するように、SNSはあくまでも現実のつながりを補完・強化する役割にとどまるようです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響