ニュース
» 2022年05月07日 20時30分 公開

10年越しの「ピングドラム」が運ぶもの 劇場版「輪るピングドラム」前編レビュー(1/2 ページ)

前編は絶賛上映中。後編は7月22日公開。

[将来の終わり,ねとらぼ]

“「この薔薇があなたに届きますように」 スタッフ一同”

(少女革命ウテナ 39話「いつか一緒に輝いて」エンドカードより)

 幾原邦彦のアニメーションは常に一貫している。それはもちろんアバンギャルドな演出様式、印象的なバンクと楽曲、特徴的な言語センスなどに顕著であるだろう。しかし真の意味での彼の柱は「少女革命ウテナ」最終話、25年前のクリスマスイブに送られたエンドカードのこの一言に表されている。幾原はアニメーションを通じて視聴者、ひいては世の中に対し常に、強いメッセージを送り続けている。

「輪るピングドラム」オープニング/「ノルニル」

 「輪るピングドラム」。「少女革命ウテナ」の完結以後は表立っての活動が少なかった幾原の、10年以上ぶりとなる完全な新作がもたらした衝撃は大きかった。とにかく強烈なビジュアル、抽象的な会話に基づく謎に満ちたストーリー展開、徐々に明かされる登場人物のバックグラウンド。

 物語の中心は運命を記した不思議な日記から、やがて「16年前の事件」を巻き込み、作中明示される“あらかじめ失われたこどもたち”――社会から透明な存在として扱われ、革命家であっても救うことのできない――に向けられた物語へと収束していく。

 作中、それぞれのこどもたちはたびたび家族・血縁、関係性の呪いについて苦痛の声をあげる。しかし同時にまた、彼らはそれを手放すことを望んではいない。この解決できない矛盾を孕んだ寓話は、最も単純で暖かな愛の言葉とともに幕を閉じる。

 公開中の新作「劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM [前編]君の列車は生存戦略」はその“再構築"と銘打ってはいるものの、続編的要素を十分に備えている。これは本作の時系列がテレビシリーズのその後を描いており、その時系列をキャラクターに沿いあらためて俯瞰するという脚本自体の構成、のみによるものではない。

劇場版「輪るピングドラム」予告編

 幾原の作品群にもうひとつ共通点があるとすれば、救済には利他的な犠牲が伴うということだ。そして誰かを救った側は世界の風景から消え、忘れられてしまう。このルールは「少女革命ウテナ」「ユリ熊嵐」の結末と同様に、「ピングドラム」でもあるキャラクターのセリフとして中盤以降繰り返し明言される。

「少女革命ウテナ」オープニングより、最終話の結末と呼応するカット。幾原作品のオープニングではシリーズを象徴するモチーフが多く散りばめられる

 「ピングドラム」テレビシリーズ終盤の展開もそれに追随するものだ。最終話に描かれた「運命の列車」のインパクトは映像作家・幾原邦彦のまさに真骨頂。のちに「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」を監督する古川知宏らと手掛けた、エモーショナルの極北ともいえる表現だ。仮に後編にて結末を動かさず、シリーズそのままの転用であったとしても、あの絵を劇場の環境で見られるだけでも十二分に満足できてしまうだろう。

 しかし現時点での最新作「さらざんまい」(2019年)にて、幾原ははっきりと自己犠牲を否定している。それは10話「つながりたいけど、つながれない」で、瀕死の燕太を救おうとする主人公・一稀に向けられた「自己犠牲なんてダセェことすんな、バカ野郎」という自己批判とも取れる、あまりにも直接的なセリフだ。またそれのみならず、愛する者の自己犠牲によって救われた側の強い苦しみについても、新星玲央の存在を通じてはっきりと描かれてしまった。

「さらざんまい」本PV

 幾原はインタビューにて、常に今の時代の若者の苦しみを描きたい、と繰り返し述べている。それらは直接的にでなく、多くがメタファーによる舞台装置として描かれる。「ウテナ」では、“決闘ゲーム”に象徴される王子様やお姫様という性に紐付く所有・非所有のシステム。「ユリ熊嵐」での“透明な嵐”・“断絶の壁”=同調圧力・相互不理解。そして「ピングドラム」においてのそれは“氷の世界”・“こどもブロイラー”を通じて描かれた、愛の不在。そのいずれをも解決してきた身を賭しての犠牲を、幾原は最新作にて否定してみせた。

 7月の公開に向け、先日の舞台挨拶にていまだ制作中であることが語られた「[後編]僕は君を愛してる」が、どこに到着するのかは分からない。ただこのような意識的なアップデートの中で、いま再びテレビシリーズと同じ結末を描く――というかたちには、物語を持っていかないのではないか。少なくとも「前編」に含まれる新作パートのいくつかに、テレビシリーズの結末の不完全を指摘するようなセリフがうかがえるのは確かだ。

 10年越しの「ピングドラム」は、どのような薔薇を私たちに見せてくれるのだろうか。

将来の終わり

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声