ニュース
» 2022年05月08日 18時07分 公開

ドイツのビール文化と日本のコスプレ文化が融合!? ドイツのアニメファンイベント「aniMUC」に行ってきた(2/3 ページ)

[Kataho,ねとらぼ]

ドイツのアニメ・漫画事情を聞いてみた

 「ドイツのアニメファンは配信だけでは満足しない人も多い」と語ったのは、「クレヨンしんちゃん」のDVDを販売するPolyband(ポリバンド)のブーススタッフ。同社が英BBCのテレビドラマ「ドクター・フー」のディスク版をドイツで販売して気づいたのは、テレビで放送されたにも関わらずディスク版を購入するコレクターの存在。アニメ分野でも同様にディスク版の需要を見込んでいます。

「クレヨンしんちゃん」をリリース中のポリバンドは旧作にも注目

 「今年7月には10店目となるケルン店がオープンします」とアピールしたのはグッズ販売会社のManga Mafia(マンガ・マフィア)。もともとはイベント販売専業でしたが、コロナ禍でイベントが禁止された結果、すぐさま1号店を立ち上げました。以来、ドイツ各地に積極的に出店しています。

マンガ・マフィアは今後はイベント出店とリアル店舗の両方を展開していく方針。今の課題はスタッフ不足

 「持ってきたお小遣いは300ユーロ。マンガやフィギュアを買いました」と話してくれたのは、「鬼滅の刃」のコスプレをしたクラウディアさんとアンナさん。物販エリアではグッズを大量に買い込んでいる人たちも多く見かけました。

2人は地元バイエルンのアニメファン。左がクラウディアさん、右がアンナさん
物販エリアで見かけた「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。コスプレイヤーとの出会いは一期一会

 ドイツではボーイズラブ(BL)漫画も人気です。アーティストアレイで隣国オーストリアのウィーンから参加した漫画家のSlippedDeeさんにドイツ語圏の状況を聞いてみました。「たしかに日本語から翻訳出版されるBL漫画は増えましたが、一方でドイツ語圏の描き手はここ10年減少しています」とのこと。また、「近年はLGBTといった政治運動の要素が強くなり、BL漫画に政治を持ち込まないでほしい」と思っているそうです。

BL漫画を描いて18年というSlippedDeeさん。影響を受けた漫画家は井上雄彦さん(『スラムダンク』『バカボンド』)など。

「バイエルンではビールは主食!」

 今年は3日間で8000人以上が参加したアニムック。その実行委員会にも話を聞きました。アニムックがスタートしたのは2008年。イベント名は「アニメ」とミュンヘンの空港コードMUCからなる合成語です。感染予防対策については、屋内に限ってマスク着用をルール化。ソーシャルディスタンスの確保を呼びかけ、混雑が予想される一部の通路は一方通行にしました。また、ルールを決めるために、先ごろ開催された日本の「冬コミ」も参考にしたそうです。

アニムック実行委員会のローマンさん(左)とオリバーさん(右)

 取材中に筆者が気になったのは、ビアガーデンでビールを飲むコスプレイヤーの皆さん。他のイベントでは見られない光景です。これについて実行委員会の2人は、「ここバイエルンではビールは主食です。女性やコスプレイヤーもビールを飲むのは普通です」と語る一方で、イベントではそもそもアルコールは禁止していると教えてくれました。ビアガーデンは同じ元修道院の敷地内ですが、イベント会場とは隣接こそしていますが会場の外側にあります。

 印象的だったのは、ビールを飲むコスプレイヤーを「ドイツのビール文化と日本のコスプレ文化の融合なのかもしれません」と表現していたことです。ドイツでもイベントが再開しつつある今、こういうところにも国際交流のきっかけはあるのかもと思った筆者でした。

ビールを飲みながらイベント再開を喜ぶドイツ各地から集まったアニメファン。日本から参加して一緒にビールを飲んだら楽しいはず

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」