ニュース
» 2022年05月09日 11時00分 公開

映画館で隣席の人がスマホを取り出し…… “映画泥棒”を通報した実録漫画が緊張感あふれる(1/3 ページ)

やはり通報は怖かったようです。

[コンタケ,ねとらぼ]

 映画館で“映画泥棒”を通報した実録漫画が、大変緊張感あふれる展開となっています。5万件以上の「いいね」が寄せられたこの勇気ある行動、当日の様子を聞いてみました。

映画泥棒が隣席に 隣席の人が映画泥棒……!?

 この漫画を公開したのは、『週刊少年サンデー』(小学館)で『かけあうつきひ』を連載している漫画家の福井セイさん(@fukuisei)。「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」を映画館で鑑賞していたところ、隣の席の人がちょこちょこスマホを取り出しているのに気付いたそうです。

映画泥棒が隣席に

 最初は放っておこうと思っていたものの、たまにカメラをのぞくような動きをしていたことから盗撮をしているのではないかと気になり始める福井さん。上映終了後、勇気を出してスマホで何をしていたのか直接聞こうと思ったところ、隣席の人は2つ隣の席の友人らしき人と謎の言語でしゃべり出しました。どうやら日本人ではなかったようです。

映画泥棒が隣席に
映画泥棒が隣席に
映画泥棒が隣席に

 もやもやしながら劇場ロビーに戻ると、件の2人がトイレに入ったのを確認しスタッフに相談することに。スタッフは丁寧に対応してくれ、結果的に2人は盗撮をしていたことが確認できたのでした。福井さんは盗撮はもちろん、上映中スマホをいじること自体やめてほしいと結んでいます。

映画泥棒が隣席に
映画泥棒が隣席に
映画泥棒が隣席に
映画泥棒が隣席に

 日本国際映画著作権協会によると、日本経済全体に年間564億円の損失と2600の雇用機会喪失が推定されるという映画の著作権違反。そんな映画泥棒を止めた福井さんの行動に、「凄い勇気です」「盗撮かもしれないと思って報告する勇気は凄いと思います」など称賛の声が寄せられています。

 当日はどんな様子で、どんな思いでスタッフへ相談したのか、福井さんに話を聞いてみました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  7. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  8. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響