ニュース
» 2022年05月09日 17時43分 公開

名曲でノリノリ! 米ウォルト・ディズニー・ワールドの新アトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」がすごかったピーター・クイルもWDWに来ていた?(1/3 ページ)

米フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールドにオープンの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のアトラクションを体験してきました。

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 1982年に米フロリダの「ウォルト・ディズニー・ワールド」に2つめのテーマパークとしてオープンした「エプコット」。そこに後のスター・ロードこと、幼少期のピーター・クイルが来園していた? そんな“if”があり得たとしたならば、ノリで地球を救うのもアリでしょう。

 2022年5月27日、エプコットに新たなローラーコースターアトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」がオープンします。そのオープンに先駆け実施されたプレスプレビューに参加してきました。ディズニーファンだけでなく、マーベルファンも注目のコースターです。

スターブラスター エプコットは世界に会える場所、そして今回その“世界”の定義が広がります。エントランスにはザンダーの戦闘機、スターブラスターが展示されました

エプコット初めての「異世界交流」

 まずはウォルト・ディズニー・ワールド、エプコットというテーマパークをおさらいしましょう。このテーマパークは世界の文化や技術を知ることをテーマとしたアカデミックな側面のあるパークで、ラグーンを一周するワールド・ショーケースエリアでは厳島神社の鳥居を思わせるモニュメントがある日本パビリオンを含め、各国の特長ある文化を紹介しています。

 しかし、世界は拡張され続けています。今回は初めて「Other-World」、つまり異世界との交流が実現しました。映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に登場した惑星ザンダーからの使者が、われわれ“テラ人(地球人)”にむけ、ザンダーの文化や技術を紹介するパビリオン「ワンダー・オブ・ザンダー」がエプコットにオープンするのです。

ワンダー・オブ・ザンダー 「ようこそテラ人」というエントランス
ワンダー・オブ・ザンダー アトラクションは「ワンダー・オブ・ザンダー・パビリオン」が入り口です

 これまでの技術であれば、地球からザンダーへ移動するには天文学的な時間が必要でした。しかし、ザンダーの技術である「コズミック・ジェネレーター」により、銀河にジャンプ・ポイントを設置。このワームホールを通過することにより、銀河の行き来が可能になったのです。

ザンダー星からの使者であるセンチュリオン・タル・マレクは、以前筋肉ドラムで日本でもネットミーム化したテリー・クルーズが演じています(関連記事12

 ところが、このコズミック・ジェネレーターが奪われてしまいます。それを手に入れたのは、“天界人”セレスティアルのエソン。映画にも回想シーンで登場した上位者であるエソン・ザ・サーチャーは、コズミック・ジェネレーターを使い“時間の開始点”に地球ごと吸い込んでしまいます。地球の、銀河の危機に立ち向かうのはもちろん「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の面々。ノヴァ・プライムの協力要請に、ロケットは荒唐無稽なアイデアで立ち向かうのです。

セレスティアル コズミック・ジェネレーターに目を付けたのはセレスティアルのエソン・ザ・サーチャー。惑星よりも大きな天界人です
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  7. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  8. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響