ニュース
» 2022年05月09日 17時43分 公開

名曲でノリノリ! 米ウォルト・ディズニー・ワールドの新アトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」がすごかったピーター・クイルもWDWに来ていた?(2/3 ページ)

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

“ディズニーテーマパーク初”だらけのコースターギミック

 パビリオン「ワンダー・オブ・ザンダー」から宇宙船に移動した我々は、ひょんなことから“12%の”計画に巻き込まれていきます。脱出ポッドを使い、ジャンプポイントを通じ銀河を救うわけですが、そのライドは上下左右だけでなく、オムニコースターと呼ばれる仕組みでレールに向かって360度回転するというギミックがあります。このアトラクションはディズニー初の「後ろ向きでローンチする」ローラーコースターであり、「屋内最長」のローラーコースターと初めてづくし。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド 脱出ポッドであるこのライドが奇想天外な動作をするのが大きな特長

 でも、最も体験価値を上げるのはそのギミックよりも「曲」。この限りなく成功率の低いミッションを盛り上げるには、やはりAwesomeなトラックが必要です。今回スター・ロードは1970年〜80年代の下記6曲を用意しました。

  • “セプテンバー” (アース・ウィンド・アンド・ファイアー)
  • “ディスコ・インフェルノ” (トランプス)
  • “コンガ” (グロリア・エステファン)
  • “ルール・ザ・ワールド” (ティアーズ・フォー・フィアーズ)
  • “アイ・ラン” (フロック・オブ・シーガルズ)
  • “どうせ恋だから” (ブロンディ)

 実際に体験した感想は、まさにこの「曲」の力がすさまじいという印象です。この6曲はランダムに選ばれるのですが、大音量で流れるなじみのある名曲にノリノリになりながら銀河を救うというのは思った以上に快感。 “セプテンバー”がかかったときにはライド全員が大合唱するレベルの楽しさだったようです(ご安心ください。大声で歌っても全くまわりには聞こえないレベルの大音量です)。

 目の前で地球が、銀河が危機的状態にあるにもかかわらず意外にもノリは軽く、その意味では映画を追体験できる大変面白いアトラクションです。回転系に弱い人は酔うかもしれませんが、それでも1回は体験してほしいですね。

昔ながらのマニアもこれなら許しちゃう?

 実はフロリダのエプコットというテーマパークは、ディズニーマニアにとっては非常に思い入れのある場所。それもあって、エプコットという伝統ある場所にはしばらくディズニーキャラクターもあまり目立つ形では登場していませんでした。

 しかし最近では、アナと雪の女王やレミーのおいしいレストランを始め、ディズニー、ピクサー、そして今回のようにマーベルの有名なIP(知的財産)も徐々に入ってくるようになりました。これに対しては昔ながらのマニアは、東京ディズニーシーの「ストームライダー」閉鎖と同じようにかなり反発をしておりますが、面白いのはこれを逆手に取るような小ネタが多かったこと。

 今回のストーリーの背景には、ピーター・クイルが幼少期に(宇宙にさらわれる前に)エプコットに来ていたという設定がありますが、アトラクションの内部でザンダーのテレビ番組「グッド・モーニング・ザンダー」(米ABCの番組「グッド・モーニング・アメリカ」のパロディ)のインタビューで、ピーター・クイルがいかにエプコットを好きか、熱く語るシーンがあります。ただ、彼が好きだと言っているアトラクションは、今では全てなくなってしまっているのですが……。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド パビリオン内ではなんとウォルト・ディズニーも紹介されていました
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド ザンダーでの番組「グッド・モーニング・ザンダー」でインタビューに応じるピーター・クイル。あまりに熱く語っておりまわりがドン引きしていました。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド 私たちはいろいろあって地球に戻ってきたあと、パビリオンの“バックステージ”に戻ってくるため、ザンダー星キャスト向けの“オンステージに出る前の身だしなみチェック”の表記がありました。実は他のアトラクションのバックステージにもこういったキャスト向けの鏡があることは知られており、なかなかグッとくる仕掛けでした

 そして、今回ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに関連するグッズも多数登場しています。それがなんと、エプコットが開園した当初にあったロゴやマークをモチーフにしたものが含まれており、このあたりのギミックも非常に面白いと思いました。

トレジャーズ・オブ・ザンダ グッズショップ「トレジャーズ・オブ・ザンダー」もプレビューを開催していました
トレジャーズ・オブ・ザンダ これを着れば私たちも銀河の守護者になれそう
トレジャーズ・オブ・ザンダ さまざまなガーディアンズ・オブ・ギャラクシーグッズが登場。彼らのファンもエプコットのファンにもうれしいデザインです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」