ニュース
» 2022年05月10日 18時00分 公開

名古屋観光に来た人を奈落に突き落とす「登山」とは? 甘くて重い「喫茶マウンテン」にアタックする漫画が壮絶(1/2 ページ)

名古屋に山なんてあったっけ……と思ったら、なるほどそっち。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 地元民もおそれ敬うといわれる名古屋の天険(?)、「喫茶マウンテン」の“甘〜いスパゲティ”に挑む女子高生の漫画が、おかしくも胸焼けを誘います。これ、実在する喫茶店の話なんだぜ?

アイキャッチ1 壮絶に甘いスパゲティで知られるユニークな山にアタックする登山漫画(?)

 

 同作は愛知出身の漫画家、安藤正基(@aichidoughnut)さんが手掛けるご当地漫画『八十亀ちゃんかんさつにっき』の一節。名古屋出身の八十亀最中(やとがめもなか)と岐阜出身の只草舞衣(ただくさまい)が、東京から越してきた陣繁華(じんとしか)を「喫茶マウンテン」への“登山”に誘うエピソードです。

アイキャッチ2

 マウンテンは名古屋市昭和区にある、創業50年超えの老舗。300以上のメニュー点数もさることながら、何よりも一部の“攻めすぎた料理”で知られています。

 名古屋の文化に暗い繁華は、「登山」と聞かされてついていってみれば、案内されたのが喫茶店で面食らうことに。そのうえ、店から出てきた客が、雪山遭難から生還したかのように泣きじゃくっていて、いったい中はどんな地獄なのかと混乱させられます。

アイキャッチ3

 それでも中は普通の喫茶店だったことに安心するも、同席の2人は顔を曇らせて乾いた笑いを立てていて、緊張感は変わらず。彼女らはただ淡々と、膨大なメニューから、「甘口バナナスパ」「甘口メロンスパ」「しるこスパ」など、特異なワードが並ぶ一角を勧めてきます。

アイキャッチ4

 繁華は言われるがままに「甘口抹茶小倉スパ」を注文。すると、八十亀は「ここからが『登山』の始まりだでよ……」と、決死の覚悟を決めたかのように重たく口を開きます。ただごはん食べるだけだよね?

アイキャッチ5

 運ばれてきた料理の個性あふれるビジュアルに、繁華はようやく「登山」のなんたるかを理解しました。抹茶が練り込まれた濃緑色の麺に、生クリームとフルーツ、あんこが盛られた一皿は、確かにまるで天険の要害。一口運べば温かな甘い香りが鼻腔をくすぐり、「意外と美味……いや、やっぱまず……」と、不可思議な感覚が脳を貫きます。

アイキャッチ6

 同行の2人は、ともに甘々パスタを食しつつ、「食べているうちに『食事とは何か?』を問うことになるほどの過酷さに、人々はマウンテン行きを『登山』、完食を『登頂』と呼ぶ」「その味と量を前に食べ切れず残すことを『遭難』と呼ぶ」などと、淡々と解説。「生半可な気持ちで誘うのは名古屋人も極力避ける」「友情を壊しかねないから」などと、食事の話とは思えない、恐ろしい話が延々と続きます。

アイキャッチ6

 ただ、そんなにもハードルの高い店に誘ってくれたということは、2人からの信頼の証では? ――感じ入った繁華は、これを乗り越えたときに自分は彼女たちと友達になれるのだと信じて、甘くて重い山の登頂を目指すのでした。

アイキャッチ6

 漫画はマウンテンを知る読者の共感を呼び、「登頂しましたがしばらく気持ち悪くて動けませんでした」「マウンテンは『鍋スパ』のボリュームもすごい」「コメダといいマウンテンといい、名古屋には日本人のイチョウの限界へ挑戦させようとする何かがある」などと話題となりました。このエピソードの全容は『八十亀ちゃんかんさつにっき』の12巻に収録。表紙にあの抹茶色の山がそびえ立っています。

作品提供:安藤正基(@aichidoughnut)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響