ニュース
» 2022年05月12日 18時00分 公開

「これ、なんでひっくりかえってるの?」 40年前の本で見つけた“すてきな印刷ミス” 活版印刷ならではの誤植が話題に(1/2 ページ)

貴重な誤植。

[関口雄太,ねとらぼ]

 活版印刷で作られた書籍から発見された誤植が、現代の印刷では起こりづらく“すてきな印刷ミス”だとTwitterで注目を集めています。

どうして文字が転んでるの? 活版印刷ならではのプリントミスに当たりくじを引いたようなラッキーな気持ちになれそう よく見ると「ひっくりかえってる」

 投稿したtomoka watanabe(@scentofmatin)さんの娘さんが「これ、なんでひっくりかえってるの?」と見つけたもの。写真中央の本文では「皮膚がつやつやしく輝いて」とあるのですが、最初に登場する「や」の向きが左へ90度傾いています。文字が足を滑らせて転倒したように見えて、どこかかわいらしさを感じられるかも?

どうして文字が転んでるの? 活版印刷ならではのプリントミスに当たりくじを引いたようなラッキーな気持ちになれそう 転倒した「や」が(加工は編集部によるもの)
どうして文字が転んでるの? 活版印刷ならではのプリントミスに当たりくじを引いたようなラッキーな気持ちになれそう 誤植があった本は夢野久作『少女地獄』
どうして文字が転んでるの? 活版印刷ならではのプリントミスに当たりくじを引いたようなラッキーな気持ちになれそう

 この一文は、活版印刷により刷られたとみられる、1979年発行の夢野久作『少女地獄』(角川書店)第6版から発見されました。活版印刷では1文字ずつ独立した活字を並べて文字を組んでいくため、文字の向きを間違えてセットしてしまったのだと考えられます。

 デジタル技術が主流となっている現代では簡単には起こり得ない誤植とあって、Twitterには、「紙の本の良さというか、味でもありますね」「まさに誤って活字を植える、とても面白く、愛おしく思う」など、さまざまな感想が寄せられています。現代では見つからなさそうな誤植に、当たりくじを引いたような気持ちになれそうです。

画像提供:tomoka watanabe(@scentofmatin)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響