ニュース
» 2022年05月19日 07時30分 公開

耳の聞こえないママが描く「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」に5万いいね 運命を感じる出会いにぐっとくる(1/2 ページ)

運命の出会いって、きっとこういうこと。

[瀬山野まり,ねとらぼ]

 幼いころから耳が聞こえないイラストレーターのミカヅキユミ(@mikazuki_yumi)さんが、ホームセンターでの不思議な出会いのエピソードを漫画に描いてTwitterに投稿しました。ツイートには5月16日現在5万9000件を超える“いいね”が寄せられています。これこそきっと、運命の出会い……!

「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 ホームセンターで出会った不思議な女性

 9歳のちどりくん、5歳のかのこちゃんを育てるミカヅキさん。これは今から数年前、まだ1〜2歳のちどりくんを連れて、ミカヅキさんがホームセンターを歩いていたときの出来事です。

 店内で同じ年頃の男の子と出会い、すっかり意気投合したちどりくん。ミカヅキさんが男の子を連れていたママさんに「一瞬で仲良くなっちゃいましたね」と声をかけると、きれいに身なりを整えたママさんは「うちの子人見知りするんでこんなすぐ仲良くなるの珍しいんですよ〜」と笑顔で応じてくれました。

「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 耳が聴こえないことを告げるミカヅキさん

 和やかな会話の中で、ミカヅキさんが自分の耳が聞こえないことを打ち明けると、一瞬驚いた顔を見せたママさん。しかしすぐに「手話したり口みて話すんですか?」「私の口…読めますかね?」と、ミカヅキさんが話しやすいように配慮して会話を続けてくれました。

 通りすがりに出会った人とは当たり障りのない話をしてお別れすることが多いものですが、ミカヅキさんとの別れを名残り惜しそうにしてくれたママさん。終始にこにことほほ笑むママさんを、ミカヅキさんは「不思議な人だなぁ…」と見つめるのでした。

「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 偶然の再会
「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 連絡先を交換します

 3カ月後。子ども服のお店にいたミカヅキさんは、偶然そのホームセンターで出会ったママさんと再会します。ママさんの名前は、サヤさん。ミカヅキさんが勇気を出して連絡先を交換し、それから3度目、4度目と会う回数を重ね、2人は仲良くなっていきました。

「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 サヤさんと一緒にいるときに感じる不思議な感覚

 サヤさんとおしゃべりをするたびに、ミカヅキさんは不思議な感覚を覚えていました。耳が聞こえないミカヅキさんへの気遣いのタイミングが絶妙なサヤさん。ミカヅキさんは何度も助けられるたびに、心に温かい風が吹くような温かさを感じていたのです。

「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 「前にも聴こえない人に会ったことある?」
「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 笑顔で答えるサヤさん

 ミカヅキさんは、サヤさんが以前にも耳の聞こえない人に会ったことがあると確信していました。尋ねてみると、サヤさんは「うん! 小学校のときの同級生」「ユミちゃんみたいに口の動き読んでお話してたよ」と満面の笑みで答えました。

「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 思い出すのはあのころの友達
「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 まるでかつての友達がそのまま成長したようなサヤさん

 予想が当たったミカヅキさんが思い出したのは、幼いころに出会った“聴こえる”友達のことでした。たくさんけんかをしながらもいつも一緒にいて、偏見なく真っすぐミカヅキさんを見てくれたその友達とサヤさんは、同じにおいがしたのです。ミカヅキさんは、サヤさんがあの頃の同級生がそのまま成長して現れたような気がして、いつも心が温かくなっていたのでした。

「ホームセンターで出会った不思議なママさんの話」 世間は広いようで狭い

 そして、後日のこと。サヤさんが幼少期の写真を持ってきたのでのぞいてみると、そこに映っているのはなんとミカヅキさんの友人! 共通の知人がいたことに「やっぱり運命よ」と感激する2人なのでした。

 この漫画には「是非このご縁が長く続くよう祈っています」「すっっごく良い話……」「私の知らない何かしらの難しさを持つ人とも、この方くらいの軽やかさで触れ合えたらいいな」といった声が寄せられています。

 広いようで狭い世間に驚きつつ、不思議な出会いへの喜びを漫画でつづったミカヅキさんは、この他にもTwitterアカウント(@mikazuki_yumi)やInstagramアカウント(@mikazuki_yumi)、ブログ「背中をポンポン」へ育児エッセイ漫画を投稿しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」