ニュース
» 2022年05月26日 11時30分 公開

SNSで話題の「超バズりコスメ」って実際どうなの? メイクアップアーティストの正直レビュー動画が参考になる(1/2 ページ)

「SNSでバズったコスメ」=「自分も好きなコスメ」とは限らない!

[Kamihara,ねとらぼ]

 メイクアップアーティストのChie Hidakaさんが、SNSで話題を集めた「超バズりコスメ」の正直なレビュー動画をYouTubeに投稿し、記事執筆時点で20万回再生されるなど話題を呼んでいます。プロが使ってみた率直な感想、気になる……!

超バズりコスメの正直レビューの画像 「超バズりコスメ」だけで完成したルック。ラベンダーやブルーを取り入れて大人上品な仕上がりに

 Chie Hidakaさんは、YouTubeのチャンネル登録者数が10万2000人を超えるメイクアップアーティスト。今回の動画では、SNSで口コミ人気の高いプチプライスの“超バズりコスメ”だけを使って自身にメイクを施し、使ってみた感想を本音で伝えています。

 動画で試している商品の中には人気のため入手困難なアイテムもありますが、一部の商品は代わりに使えそうなお勧めのコスメも紹介するなど、バズりコスメを買えずにヤキモキしている人にとってもありがたい動画となっています。

 Chieさんがまず紹介したのは、「&Be」の化粧下地2種。顔の右半分には「UVミルク ナチュラルベージュ」(1980円)を、左半分には“超バズりコスメ”の「UVプライマー」(2750円)を使用して比べています。

 Chieさんによると話題の「UVプライマー」の方がよりトーンアップしやすいとのこと。ただし、上からクッションファンデーションを重ねると、どちらもツヤ感のあるきれいな仕上がりで、大きな違いは感じにくいと評価しています。

超バズりコスメの正直レビューの画像 2つの下地を左右の顔に塗って比較

 アイメイクは「マジョリカマジョルカ シャドーカスタマイズ (フローティング) BL225 冷凍ベリー」(715円)をレビュー。「青ラメ好きにはたまらない」と大きな話題になっている限定色ですが、Chieさんは「思っていたよりも控えめで繊細な印象」とコメント。

超バズりコスメの正直レビューの画像 マジョリカマジョルカの青ラメ系アイシャドーをレビュー

 「欲しかったけど購入できなかった」という人には、同じ青ラメ系の「KATE エレクトリックショックアイズ NV-1 ミッドナイトサンダー」(1320円)がお勧めだといいます。

 ここでも、右の目もとにはKATEを、左の目もとにはマジョリカマジョルカを使って比べています。どちらも青ラメの輝きが大人っぽく、バズりコスメではないKATEも遜色(そんしょく)のない仕上がりに見えます。

超バズりコスメの正直レビューの画像 マジョリカマジョルカとKATEのアイシャドーを左右の目もとで比較

 リップメイクは、マスクにつきにくい口紅として話題の「Kiss リップアーマー 03 惑星ロマンス」(1430円)をレビューしました。「思ったよりもシアーなピンクでツヤ感がきれい」と評価。使いやすい色味のため、あらゆるシーンで使えそうです。青ラメ系のアイメイクともよくお似合いですね。

超バズりコスメの正直レビューの画像 Kissのリップをレビュー。使いやすいカラーで落ちにくいのがうれしい

 他にも、ラベンダーカラーのアイブロウや眉マスカラ、プレストパウダーなどの話題のバズりコスメを続々に手に取ってレビューしていくChieさん。合わせて、毛穴が気になるときのファンデーションの塗り方など、メイクのコツも教えてくれました。

 Chieさんは、Twitterで「今回再認識したのが『バズりコスメ』=『絶対良い』=『自分も好き』とはならないってこと」と、冷静な思いをつづっています。その上で「私が『へ?』と感じたコスメは、もちろん誰かの『とっておき』なのであって。な、何が言いたいかというとw『みんなちがってみんないい!!金子みすゞ』ってことだよ」とコメント。

 考えてみれば、なりたいイメージや肌質・肌色はそれぞれ異なるため、好きなコスメが人によって異なるのは当然のこと。コスメを選ぶときに「バズっているかどうか」はひとつの参考になる情報ですが、本当に自分に合うコスメを選ぶためには、「はやっているから」手に取るのではなく、冷静になる時間も必要なのかもしれません。「みんなちがってみんないい」というChie Hidakaさんの考え方を参考にすると良さそうですね。

 Chie Hidakaさんは、この他にもコスメのレビューやメイクのコツをYouTubeチャンネル「Chie Hidaka MUA」で公開中。InstagramTwitterでもタメになる情報を日々発信しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」