ニュース
» 2022年05月27日 20時00分 公開

「遊び?」「興味本位?」「筋トレかな」 水流に逆らって一生懸命泳ぐペンギンたち、なぜ? 水族館に話を聞いた(1/2 ページ)

バタバタする羽がかわいい。

[柏崎薫,ねとらぼ]

 水流に立ち向かうペンギンの動画がサンシャイン水族館(東京都豊島区)の公式Twitterに投稿され、再生数5万1000回、4000件のいいねを獲得しています。リプライ欄には、「絶対、筋トレしてると思う」「若さってヤツでしょうか」と、流れに逆らう理由を考察するコメントが寄せられています。

 ペンギンの顔が水槽の壁にある穴の中にすっぽり入り、水流に引き込まれているのか!? とおもいきや、実はこの穴はろ過槽から戻ってきた水が出てくるところ。ペンギンが水の流れに逆らって泳いでいるところなのです。

水流に逆らうペンギン 吸い込まれているように見えますが……

 穴の中へ頭を突っ込み、羽をバタバタさせて押し出されるのを防ぐペンギン。まるで穴の先に餌でもあるかのように水流に逆らい続けます。ペンギンの羽が動く様子がかわいくて、ずっと見ていられますね。

 必死に流れに逆らうペンギンには、「筋トレしてると思う」「本能ですね」といったコメントがコメントが寄せられました。人間の子どもが流れるプールで逆方向に泳ぐ感覚なんでしょうか? ペンギンの不思議な行動に、思わず理由を想像したくなりますね。

羽を広げるペンギン 遊んでいるのかな?

 ツイートに添えられた文によると、この行動をする理由は分からないとのこと。ペンギンたちの不思議な行動について、編集部は「サンシャイン水族館」の飼育スタッフに話を聞きました。

――動画のペンギンについて教えて下さい

 飼育スタッフ:名前は「青銀(アオギン)」、2019年4月1日生まれ3歳の女の子です。水中で泳ぐことが大好きで、プールに投げ込まれた魚は、ほとんど青銀が食べてしまいます。まだ若い個体なので、とても好奇心が旺盛で、いろんな遊びを考え出すのではないかなと思います。青銀のほかに、「赤銀(アカギン)」「テント」も同じような行動をします。

――水流に逆らう行動はよく見られるのでしょうか

 飼育スタッフ:青銀、赤銀、テントにはこの流れに逆らうブームがあるようで、ツイートとは別の水流でテントが流れに逆らっていることもありました。また、実施する時間帯は個体によっては決まっている感じがします。

別のペンギンが水流に逆らう様子 テントが水流に逆らう様子(画像提供:サンシャイン水族館)

――どのくらいの時間やっているんでしょうか

 飼育スタッフ:息が長く続かないので、長くても30秒程度です。息継ぎをして、また同じところに戻ってくるということを繰り返しています。

――ペンギンの行動や投稿が話題になったことへの感想を聞かせてください

 飼育スタッフ:特に若いペンギンが新しい行動を探し出すことがあるのですが、それを見るのは私たちもうれしくなります。その新鮮な行動を多くの方に知ってもらうのは、ペンギンへの興味を持ってもらえる一歩だったりするので、それもうれしく思っています。また、お客様から「ペンギンの泳ぎ方や翼の動かし方がとても分かりやすい!」という感想をいただき、こちらが新たに気付くこともありました。

――最後に、サンシャイン水族館の見どころを教えて下さい

 飼育スタッフ:今回話題になったペンギンたちが展示されている「天空のペンギン」水槽は、正面から頭上にかけて大きくオーバーハングしており、都会の空をまるで海の中のように自由に泳ぎ回るケープペンギンの姿を見ることができます。正面には池袋のビル群が連なり、上を向くとさんさんと太陽光が降り注ぐこの場所は、大きな見どころの1つです。さらに、この水槽をはじめとして草原のペンギン、カワウソ、アシカ、ペリカンのいる「マリンガーデン」は、植物を含めて四季折々の季節感を感じられるので、おすすめのスポットです。

(了)

 水流に逆らう行動は、一部のペンギンたちの間でブームになっているようですね。ちなみにサンシャイン水族館のペンギンは、翼につけたリングの色が名前になっているんだとか(一部の個体除く)。また、ブームの立役者の1羽「テント」さんは現在「草原のペンギン」という、ケープペンギンが本来暮らしている環境(南アフリカ・ケープタウン)をイメージした空間に居るそうです。

 ペンギン以外にも、最近話題になった大はしゃぎするカワウソたちなど、たくさんの生き物と出会えるサンシャイン水族館。公式Twitter(@Sunshine_Aqua)やYouTubeチャンネル「サンシャイン水族館公式チャンネル -Sunshine Aquarium-」では生き物たちの日々の写真や動画、イベント情報などが配信されています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」