ニュース
» 2022年06月07日 07時00分 公開

ダイバーが水槽掃除をしていると……1歳のアザラシが接近! くっついて甘がみする様子が話題に 海遊館に話を聞いた(1/2 ページ)

国内初、人工哺育で話題になった「ミゾレ」ちゃん。

[柏崎薫,ねとらぼ]

 お掃除をしているダイバーさんに近づいてくるアザラシの動画がTwitterに公開されました。動画は6月2日時点で158万回再生、2万6000件のリツイートと11万件のいいねを獲得し、話題となっています。

 動画が撮影されたのは、世界最大級の水族館である「海遊館」(大阪府大阪市)内の「北極圏」水槽。水槽の清掃をするダイバーさんに近寄ってくるのは、国内初の人工哺育で話題になったワモンアザラシの「ミゾレ」ちゃんです。

 ミゾレちゃんはダイバーさんが気になるのか、掃除する手に顔を近づけてきます。かまってほしいのか、その道具に興味があるのか分かりませんが、ダイバーさんは掃除中のため手を止められません。しかしミゾレちゃんに諦める様子はなく、ダイバーさんの腕に前足を絡めていきます。とても掃除がしにくそうですが、何とか仕事を続けるダイバーさんはさすがプロです……!

顔を近づけるアザラシ 顔を近づけています
抱きつくアザラシ 近づくのをやめないミゾレちゃん

 ミゾレちゃんの好奇心はおさまらないのか、その後「かみつき」を発動。ダイバーさんの軍手をパクッとくわえました。ダイバーさんは磨いていた場所から手を離して、ミゾレちゃんの頭を軍手がかめない位置へ移動させています。

甘がみするアザラシ 軍手が気になるのでしょうか

 その後も顔を近づけたり、軍手をついばんだりとアプローチを続けるミゾレちゃんでしたが、ダイバーさんは優しくかわしつつ、懸命に掃除を続けるのでした。

 投稿のリプ欄には「懐いてますね」「腕をギュッてする手が可愛すぎ」など、ミゾレちゃんの行動への声が寄せられました。

 今回動画を投稿した「ガッチリカ」さんはアザラシが大好きだそうで、Twitter(@GacchiRika)にアザラシの写真や動画、自作のイラストを公開しています。自作のイラストを使ったグッズLINEスタンプも販売中です。

 ミゾレちゃんの行動の理由は何なのでしょうか? 編集部は「海遊館」の担当者に話を聞きました。

――ミゾレちゃんのプロフィールを教えてください

 担当者:2021年4月1日生まれの男の子で、海遊館では初めて繁殖した個体です。出生直後に体調不良となり、ケアのために飼育員が親代わりとなって完全人工哺育で育てました。そのため、一般的に警戒心が強い性格とされるワモンアザラシですが、ミゾレは人に対する警戒心が比較的少ないです。現在は母親のアラレ(推定17歳)、血縁関係のない女の子のユキ(推定14歳)と「北極圏」水槽で暮らしています。

――お掃除ダイバーさんを邪魔する理由は何でしょうか

 担当者:ワモンアザラシの成熟年齢は5〜7歳ですが、ミゾレは現在1歳と子どもなため、好奇心が旺盛です。ダイバー自身やダイバーの掃除道具、軍手が気になり近づいてきているのではないかと思います。

――お掃除ダイバーさんの邪魔は毎回するのでしょうか、またダイバーさんはどう考えているのでしょうか

 担当者:ミゾレの気分次第なので近づいてこないこともあります。水中での作業は危険を伴うこともあり、ダイバーもミゾレも危険がないよう気遣いながら作業する必要があるため、大変です。

――アザラシのかむという行為は何か理由があるんでしょうか、またかまれた際の痛みなどはあるのでしょうか

 担当者:軍手や胴長靴の道具、もしくはその素材に興味を示した等が考えられます。甘がみなので痛みはそれほどありませんが、エスカレートするとかむ力が強くなり、かむものによってはミゾレ自身がケガしてしまう可能性もあります。なんとかかむ行動をやめてもらえるよう、トレーニングの方法を考えているところです。

――ほかのアザラシで、ミゾレちゃんと同じような行為をする個体はいるのでしょうか

 担当者:ワモンアザラシは一般的に警戒心の強い性格とされており、アラレとユキもこれに該当します。そのため、ワモンアザラシでこの行動をするのはミゾレのみです。

――ミゾレちゃんの行動が話題になった感想を教えてください

 担当者ミゾレの人工哺育は何日も24時間つきっきりで、肉体的にも精神的にも過酷な期間でしたが、SNSなどで皆さまからあたたかい言葉をいただいたことが大変励みになりました。今回の皆さまのコメントについてもうれしく思っております。このことをきっかけに、ミゾレだけでなく海遊館のワモンアザラシ、自然で暮らすワモンアザラシのことに興味を持っていただけるとうれしいです。

(了)

 ミゾレちゃんは完全人工哺育によって育てられたため、警戒心なくダイバーさんにも近づいていくようです。最近は、掃除担当の飼育員さんが着ている「胴長靴」を甘がみしながら高速回転する、という驚きの新技まで披露したミゾレちゃん。海遊館はミゾレちゃんやダイバーさん、飼育員さんの思わぬ事故につながらないよう、トレーニングを検討しているとのことです。

 海遊館は、Twitter(@Osaka_Kaiyukan)やInstagram(@kaiyukan_japan)、YouTubeチャンネル「大阪・海遊館 Osaka Aquarium Kaiyukan」に海の生物の写真や映像を公開中。公式Webサイトにはイベントの情報なども掲載されています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」