ニュース
» 2022年06月08日 07時30分 公開

祖母と孫の絆をつなぐ“シャネルの真っ赤な口紅の話”に3万いいね 「涙が止まらない」「おばあちゃんに会いたくなった」と感動の声(1/2 ページ)

1本の口紅があれば、笑顔にできる。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 漫画家の岡野く仔さん(@kuko222)が描いた創作漫画「口紅の話」がTwitterで話題になっています。投稿は記事執筆時点で3000回以上リツイートされ、3万3000件の「いいね」や感動のコメントが寄せられました。

口紅の話 「口紅の話」

 登場人物は、優しい表情で笑う祖母と、サイドを刈り上げた短髪に切れ長の目元が印象的な孫の2人。漫画は、孫が初めてお化粧をした日の回想から始まります。

口紅の話 初めて化粧をしてもらった日の記憶

 それは、まだ孫が6歳のころ。祖母の塗る真っ赤なシャネルの口紅に憧れた孫は、自分にも塗ってほしいとせがんだのでした。小さな顎にそっと手を添えて、リップブラシで口紅を塗ってあげた祖母。幼児の唇に真っ赤な口紅はちぐはぐでしたが、孫はその体験を「すごくうれしかった思い出」として記憶していました。

 時は流れ、孫はすっかり大きくなりました。祖母の顔にはしわが増え、化粧っけもなくなっています。明日は祖母の同窓会。「半分集まればいい方でしょうね」と笑う祖母に、孫は「じじばばブラックジョーク草」と軽快に返します。

口紅の話 服選びを手伝う孫

 どの服を着ていこうか悩む祖母に、孫はタンスに入っていた花柄のブラウスを提案しました。そして「そのブラウスならシャネルの口紅が似合うわ」と笑いかけます。

 祖母は「じじばばしか集まらないのよ」「お化粧してくる人いないわよ」と困った顔を見せますが、孫は引きません。祖母が先陣を切ればきっと化粧をしてくる人も増えると、期待の表情で祖母を見つめました。

口紅の話 祖母の唇に口紅を塗る孫

 すると、少し考えるしぐさを見せた祖母は、目を閉じて「……帰りにお父さんのお墓に寄るからちょうどいいかもね」と小さくほほ笑みました。その答えにうれしくなった孫は「私塗ったげるわ!」と、張り切ってメイク役を買って出ました。

 翌日。花柄のブラウスでおしゃれした祖母を前に座らせ、孫はリップブラシを手に取りました。真っ赤なシャネルの口紅をブラシに取り、マニキュアを塗った骨ばった手を祖母の顔に添えます。そして、目を閉じる祖母の唇に、口紅を乗せました。その瞬間はまるで、孫が初めて化粧をした日と同じようにあたたかな時間でした。

口紅の話

 鏡の中に映る、深紅に染まった自身の唇をじっと見つめた祖母。その口角はみるみるうちにキュッと上がり、頬はポッと紅潮していきます。そして口元に手を当てた祖母はうれしそうに「うふ、お父さん惚れ直して連れてっちゃうかも」とにっこり笑いました。そんなかわいいブラックジョークを言う祖母に、孫も頬を赤く染めながら笑います。祖母のほころぶ笑顔の唇には、子どものころの孫と同じ、きれいな赤が美しく色づいていたのでした。

 たった1本の口紅だけで年齢や性別を問わず相手を笑顔にできることを教えてくれるこの漫画は大きな反響を呼び、「お化粧がもっと好きになりました」「変わらないお互いの優しさや思いやりが詰まってて、最後の2人の笑顔につられて自分も笑顔になった」「素晴らしい漫画でおばあちゃんに会いたくなりました」といった声が次々に寄せられています。また、自身と祖母の思い出を語るコメントも多く見られました。

 作者の岡野いく仔さんは、数本の連載作品をTwitterで発表するなど精力的に活動中。新刊として雑誌『ごはん日和』で連載中の漫画『お嬢様の禁断寄り道ごはん』の第1巻が6月14日に、『着物ちゃんとロリータちゃん』の第4巻が6月30日に発売されます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」