ニュース
» 2022年06月10日 14時20分 公開

「恋のマイアヒ」キャラのコスプレが今どきの若者に1ミリも理解されないと話題に 時の流れが早い……(1/2 ページ)

投稿者にインタビューもしました。

[ねとらぼ]

 「恋のマイアヒ」キャラのコスプレをしたところ、今どきの若者に1ミリも理解されなかったというツイートが、哀愁を誘っています。Twitterでは多くの人が「懐かしい」「歳を感じる」と、時の流れに思いをはせています。実際に会場でどのような反応があったのか、投稿者の方にインタビューしました。

 ツイートをしたのは、コスプレイヤーとして活動する宇佐見坂うさりさん。投稿された画像には、「恋のマイアヒ」のキャラが「のまのまイェイ」「米(ベイ)さ米酒(ベイシュ)か」と同曲の空耳の歌詞を書いた紙を持ち、のりのりで写っています。

「恋のマイアヒ」のコスプレ 右が宇佐見坂うさりさん。左がコスプレ仲間のナオシゲさん。

 Twitterでは「おじさんには分かる」「いまだに空耳だけは歌える不思議ソング」と懐かしむ声が多く寄せられました。中には、「最近の流行り廃りが早いとか抜きにしても、10年一昔」と無情な現実を突きつける意見も。一方で「ちっちゃい頃めっちゃハマってずっと見てました」という19歳や「中学生だけど知ってます」という人も、少数ではありますが見られました。

 実際に会場での反応はどうだったのか? 投稿者の宇佐見坂うさりさんにお話を聞いてみました。


――ツイートの写真はいつごろ撮影されたものなのでしょうか?

宇佐見坂うさりさん: 3年前の2019年に開催されたコミックマーケット97で撮影したものです。

――コロナが広がる前だったのですね。なぜ恋のマイアヒのコスプレをしようと思ったのでしょうか?

宇佐見坂うさりさん: 実はこの1つ前のコミケで、コスプレ仲間と一緒に「懐かしいFLASH動画」というテーマでコスプレをして集まっていたんです。そのとき、空耳ソングの話題になって「そうだ! 次はマイアヒのコスプレをしよう!」という流れに。それから、私とナオシゲさんでコスプレをすることになりました。

――なるほどです。会場では実際に「恋のマイアヒ」を流したり歌ったりしていたのでしょうか?

宇佐見坂うさりさん: コミケのルールでは会場内で音楽を流したりすることは禁止されているので、ルールを守って静かにひっそりコスプレしていました(笑)。

――想像するとシュールな光景ですね(笑)。会場では周りの方からどんな反応がありましたか? 実際に分からない人はどれくらいいたのでしょうか?

宇佐見坂うさりさん: 20代後半かそれ以上の方からの「あっ恋のマイアヒだ!」「FLASH動画だー懐かしいですね!」「これめっちゃ見てました!」という声はもちろんありました。でも、学生さん(?)くらいの若い方は、ほぼ皆さん「なんのキャラだろう?」「マンガのキャラ? 分からない…」という感じでした(笑)。

――ありがとうございます。最後に、コスプレが分かってもらえなかった際のお気持ちをお聞かせ願いたいです。

宇佐見坂うさりさん: 寂しいという気持ちはもちろんありましたが、なんというか、「インターネットも時代が流れたんだなぁ」という不思議な気分でしたね。もともとのコンセプトが「昔のインターネットを知る方たちと、当時のコンテンツを懐かしんで話したい!」という趣旨だったので、予想通りの層の方に反応していただけて、知っている方とは当時の話をして昔を懐かしみ合いました。知らない方たちの反応を聞いたときは「もう平成は終わったんだねぇ」「インターネットのコンテンツも移り変わるんだなぁ」「FLASHももうすぐサポート終了だね(※Flashのサポートは2020年で終了)」と時の流れをしみじみとかみ締め、ノスタルジックな気持ちに浸っていました。



 時は令和、新たな流行が生まれては廃っていく世の中で、こうした昔のコンテンツが受け継がれていくといいですね。

※画像提供:宇佐見坂うさりさん(@usamizaka_usari

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」