ニュース
» 2022年06月13日 15時55分 公開

東京五輪銅メダリスト、禁止薬物の特例申請が間に合わずレース欠場決意 「クリーンスポーツとメンタルヘルスに必要なものを守る」(1/2 ページ)

どちらも大切。

[城川まちね,ねとらぼ]

 6月9日(現地時間)、東京五輪女子マラソン銅メダリストの米陸上競技モリー・セイデル選手がInstagramを更新。現在服用しているの薬への許可が間に合わず、11日に開催されるニューヨークミニ10Kへの出場を取りやめる決定を、自身のメンタルヘルスについて述べた長文とともに発表しました。自身のメンタルヘルスを優先しつつ、クリーンスポーツを尊重する姿が称賛されてます。

ニューヨークミニ10Kへの出場取りやめを発表するモリー・セイデル選手 つらい決断だったそう(画像はモリー・セイデルのInstagramから)

 かねてメンタルに問題を抱えていたセイデル選手は、抗うつ剤の1つである複数のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の服用によって「本当に暗い場所へ導かれた」と表現するほどひどい反応が出てから、しばらく薬を飲まずにセラピーのみで競技を続けながらメンタルヘルスを管理していました。

 しかしセラピーだけでは「助けにはなるが、とても厳しい」として、また東京五輪後に困難な時期を経験したことでセラピストを変え、自身が混合型ADHD(不注意優勢型と多動性・衝動性優勢型が併存する)と診断を受けたといいます。

東京五輪女子マラソン銅メダルのモリー・セイデル選手 東京オリンピックに出場(画像はモリー・セイデルのInstagramから)

 そして4月のボストンマラソンのあと、新たに処方されたアデロールが「人生を変えたと記述するのがふさわしい」とするほど自身に合った薬だと感じたそうです。「初めて、以前では激しい運動でしか成し遂げられたなかった静かで機能的な脳を日常で得られた」とし、また10代のころから付き合ってきた摂食障害をコントロールするのにも役立ったと言います。

 しかし彼女にはこれほど効果のあるアデロールですが、WADA(世界ドーピング防止機構)からは競技中の使用が認められておらず、TUE(治療使用特例)を申請するも、許可が下りるのにはまだ時間がかかるとのことです。「メンタルヘルスへの深刻な影響なしに薬を中断することはできない」ために、今回のニューヨークミニ10Kへの出場を諦めることにしたと明かしています。

 困難な数カ月を超え、レースへの準備が整いエキサイトしていた時期に出場を取りやめを決断することに「本当に打ちひしがれた」とセイデル選手。しかし、「私はクリーンスポーツとメンタルヘルスに必要なものを守ることを約束する」と自身の姿勢についてきっぱりと述べています。

 この投稿に一般ユーザーやファンらは「クリーンスポーツとメンタルヘルス両方のリーダー」「シェアしてくれてありがとう。他人の経験を知ることで、自分の人生も前向きに捕えられるようになった」と彼女のオープンな姿勢やクリーンスポーツと自身のメンタルヘルスの両方を尊重する姿勢を讃えるコメントが並びました。

 アスリートが自身のメンタルヘルスを尊重し、試合を棄権するなどの選択をすることには近年オープンに語られるようになっています。東京五輪では米女子体操のシモーン・バイルス選手が心の健康を理由に試合を棄権したり、女子テニスの大坂なおみ選手は試合後の会見がアスリートのメンタルヘルスを考慮していないとして全仏オープン2回戦を棄権するなど、自身のメンタルヘルスを尊重するアスリートが目立つようになりました。

 一方で北京オリンピックでは、露フィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ選手から禁止薬物が検出されるも、15歳という年齢から出場が続行の措置を受けたことが議論と批判の的になりました。セイデル選手は「薬を服用しつつ、クリーンスポーツを守ることの透明性を提供したい」「これが他のアスリートにとっても、メンタルヘルスの改善になることを願う」と投稿に添えたコメントで語っています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」