ニュース
» 2022年06月14日 18時00分 公開

“マックス”は死んでも“メタル”は死なず 「メタルマックス ワイルドウェスト」の開発中止と「メタルサーガ 〜叛逆ノ狼火〜」への期待(1/6 ページ)

30周年を迎えた直後に開発中止となった「メタルマックス」最新作をしのんで。

[するめ(以下)マン,ねとらぼ]

 したたかに人々が暮らす崩壊後の世界で戦車を駆り、賞金首たちを倒していくRPG「メタルマックス」シリーズ。2022年6月9日、その最新作「メタルマックス ワイルドウェスト」の開発中止が発表されました。

メタルマックスは3度死ぬ 発表されていたロゴ+イメージビジュアル(メタルマックス30周年特設サイトより)

 同作は、当初「メタルマックス ゼノリボーン2(仮)」として開発が続けられていたものの、タイトルが変更に。2021年5月24日に放送された「メタルマックス30周年 生誕祭 生放送」で企画の練り直しを行い、開発進捗が40%ほどに達していた作品を新たに作り直していることが明らかとなりました。その後、PS4、Switch向けに2022年の発売を目指して開発が続けられていましたが、現在の開発状況を勘案してあえなく開発中止となりました。

 ファミコン時代から「メタルマックス」シリーズを追いかけてきた自分としては、この発表に驚き……はしませんでした。ある意味、納得しています。正直な感想を述べれば、近年の迷走に迷走を重ねてきた「メタルマックス」シリーズが、ついに終わるべきときを迎えたという感想です。開発中止には、角川ゲームスの一部事業承継といった近年の動きも理由にあるのかもしれませんが、このシリーズがどこかユーザーとズレ続けてきたまま走ってきた現状を顧みても、むしろここまで角川ゲームスが持たせたほうが奇跡と言っていいでしょう。

 ただし、開発中止になったのはあくまでも「メタルマックス」。じつは、メタルシリーズ自体はまだ死んでいません。多分、恐らく、きっと。なぜなら、サクセスの姉妹シリーズ「メタルサーガ」は、まだ生きているからです。このシリーズは過去にも死んだ状態からサーガが生まれ、そして本家マックスもよみがえりました。あのときよりも、かなり状況は悪いと言わざるを得ませんが、それでも過去の例を取るなら、まだまだ復活の目はありそうです。

 それくらい、紆余(うよ)曲折を経てきた「メタルマックス」シリーズ。今回は1ユーザーとして体験してきた「メタルマックス」シリーズ30年の歴史と、開発中止になった「ワイルドウェスト」。そして、発売予定の新作タイトル「メタルサーガ 〜叛逆ノ狼火〜」への思いについて書いていこうと思います。

ライター:するめ(以下)マン

プロフィール

ファミコン、スーパーファミコン時代からシリーズにハマり、開発中止となった「ワイルドアイズ」や「メタルマックス2改」の炎上。「メタルドッグス」まで、シリーズを追ったグラップラー。好きな作品は「メタルサーガ 砂塵の鎖」「メタルマックス2 リローデッド」「メタルマックス4 月光のディーヴァ」。賞金首のフクマルとホークもどこかで拾って欲しかった。



 

「ワイルドアイズ」の発売中止から「メタルサーガ」での復活まで苦難の連続

 「竜退治はもう飽きた!」というキャッチコピーでRPGファンのド肝を抜き、日本の各地方を思わせる崩壊した近未来の世界観と、戦車に乗って戦うコンセプト。ある程度、何をしてもいい自由度の高さから人気を博した戦車RPG。それがFC版「メタルマックス」でした。スーパーファミコン(SFC)で出た続編の「メタルマックス2」では主人公の復讐をテーマに物語性が強化されて、カルト的な人気タイトルに。初代をSFCでリメイクした「メタルマックス リターンズ」も名作で、このシリーズは8bitから16bitハードの時代を語るうえで欠かせないRPGです。自分もこの初代と「2」にハマったことがキッカケで、今でもシリーズの新作を追いかけています。

メタルマックスは3度死ぬ 初代「メタルマックス」。3DSのバーチャルコンソールでも購入できますが、残念ながら「ニンテンドーeショップ」のサービスが2023年3月下旬(残高追加は2022年8月まで)に終了することが決定してしまったので、買えるのは今のうちです(出典:Amazon.co.jp

 しかし、シリーズが順調に作品を出せていたのはSFC時代まで。このシリーズはSFC以降、なかなか続編が出ない苦難の歴史を持つタイトルでした。「走り続けて30年」というのも間違いではないのですが、ユーザーの立場から見るとコースアウトしたかと思いきや、ふたたび元のコースへ戻ってきたりするようなハラハラする展開が続き、なかなか真っすぐ走ってくれない冷や冷やするシリーズだったりも。商標の関係で「メタルマックス」を名乗れない時代など、その歴史には紆余曲折を経ていろいろあるのですが、今回はあくまでも1ユーザーとしてゲームを遊んできた感想ということで、細かいことは割愛します。

 

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」